8月末生まれの予定だったため、出産前に肌着のセットを2つほど買いました。
子供の身長は標準ですが、体重が軽く体が細身なので、50〜60の肌着は4ヶ月たっても余裕で着ることができます。
ただ、2ヶ月ごろには足をバタバタさせるようになるので、足が分かれる服が必要です。
冬は手足が出ると寒そうなので、上着などは少し大きめの70を買いました。
下着と同じサイズを買うとぴちぴちになるので正解だったと思います。

外出用のダウンなども大きめにしておくと重ね着しやすいのでおすすめです。
失敗したのはフードが取り外しできない上着にミルクを吐いてしまい、洗濯が面倒でした。
買い置きは1シーズンさきぐらいにしておくべきで、 意外と身長が伸びたりして使えなくなるのでもったいないです。
あとは襟が無い 服を選ぶようにしています。太って首が3重4重になったとき、垢が溜まりただれてしまい、すれて痛そうでした。
色は真っ白を避けてます。ミルクを吐いたとしても分かりにくく、また乾いた時の黄色く変色した跡が汚く見えてしまいます。
貰い物以外はすべてインターネットで購入しています。商品レビューに「繊維がつきやすい」「洗濯でベロベロに」
などと書いていることがあるので参考になると思います。

私の息子は1歳10ヶ月になります。洋服を選ぶ時に一番気になることは、来年まで着れるのかどうか、です。せっかく買うなら長く着てもらいたいな、と思います。かと言って大きすぎる服を買うのも嫌なので、今、ほんの少し大きくて、来年にはいいぐらいになるかな、というサイズを買います。
今、現在、私は妊娠中で、女の子を出産予定です。なので、息子の服を選ぶ時には女の子も着ることができるデザインか、どうか、も重要なポイントです。黄色や緑など、中性的な色の服が増えてきました。

とは言え、やっぱり男の子らしい服も着せたい!そういう時は11ヵ月の甥っ子の顔を思い浮かべます。活発な息子と違い、おっとりな甥っ子。派手派手な服が似あう息子に、優しい色合いばかり着ている甥っ子。タイプは全然違いますが、甥っ子も着れるような服を選ぶようにします。
つまり、できるだけ長い期間、それが無理ならおさがりで回せるような服を選んでいます。
その他に気を付けている点は、同じような服ばかりにならない、ということです。どうしても自分の趣味で子供の服を選んでしまうので、たまには違う人と一緒に買い物へ出かけたりしてアドバイスをもらいます。自分の服ならいいのですが、子供の服があまりにも私好みなのは少し気がひけます。意外とこんな服も似あうんだ、という発見もあり、楽しいです。”