「ママ!あのお洋服乾いてる?!」

夏に娘がよく言っていた言葉です。お気に入りのワンピースがあって毎日!と言っていいほど着ていたと思います。
そのワンピースはなんと、わたしが娘と同じ年の頃に着ていたローンのワンピースでした。
ローンはやわらかで、とても着心地が良くわたしもたくさん着ていたのでしょう。写真にもたくさん残っています。
その服を娘が気に入って着てくれることはとても嬉しかったです。
なぜ娘がその服を好んだのか?

理由はふたつあります。ひとつは単純に着心地が良いこと。さらっとしていて、ボタンが自分でかけやすくちょうど良い位置に小さな飴を入れられるくらいのポケットがあるのです。
ふたつめは大好きなばあばが選んだ服だと言うことです。ばあばは普段、あまり物をくれることはありません。そんなばあばがママに選んだ服なんだ!というのは娘にとって特別なものだったようです。
ばあばであるわたしの母もこれはとても嬉しい出来事だったようです。
それから折りに触れ「仕立ての良いものは長持ちするから晴れの日のものだけでも長く着られるものを選ぶと良いね」と話すようになりました。
ファストファッションが溢れるなか、そんな気持ちで仕立ての良いものを選ぶというのもいいかな、と思うようになりました。

お財布と相談して、ですけどね。

「心地よく過ごすよう綿素材を使用しています」
親子ともに乾燥・敏感肌で、湿疹ができやすく、私自身も幼少から衣類には綿素材を選んで着用してきました。綿素材は、化繊にくらべると静電気が起きにくく、保温・保湿してくれるので敏感肌の刺激を防ぎ、湿疹を防ぐ素材なのです。
夏の暑い時期だと浴衣の生地にも綿(麻)素材を選びます。化繊の浴衣も最近ではよく見かけますが、肌に直接触れてしまい、肌トラブルの原因になります。

また、今年ニュースで消費者センターからの注意喚起があり、化繊の浴衣は、綿素材の浴衣に比べると引火したときに燃え広がりやすいということでした。当然綿が燃えない素材ではないのでどちらも注意が必要です。
そして冬の時期は、トレーナーの内側に起毛素材のものがよく出回ります。我が家もありますが、この起毛部分も、化繊でできており、長袖の綿の下着を着用させて直接肌に触れさせないよう注意しています。また、子供は冬も遊びまわると汗をかきます。起毛部分は汗を吸収しないので、冷たくなります。(首回り、腕まわり)こういうときも綿の下着は有効です。綿が汗を吸収し、保温・保湿し、冷えるのを防いでくれます
。ただ、大量に汗をかいて風邪をひかないよう、厚着せず、薄い素材を重ね着をして温度を調節できる工夫をしてあげたいものです。