出産祝いの定番といえば、ベビー服。
私は友人の出産祝いがあるといつもオーガニックベビー服の専門的 グランマを利用させていもらっています。

せっかく差し上げるのですから、相手に喜んでもらえそうなものをセレクトしたいですよね。赤ちゃんは、成長が早くどんどんサイズアップしていきます。そして、ねんねの状態からお座り、ハイハイ、つたい歩きと、動きも変化していきます。なので、どんなにかわいくても、成長のタイミングに合わないアイテムだと、結局、袖を通すことなく終わってしまうことも。そこで、シーズンを問わず、比較的長期間使用できるアイテムをご紹介します。

ずばり、それは「ベスト」です。プレゼントするときのサイズですが、おすすめは80センチです。赤ちゃんの体格や成長スピードにもよりますが、0歳後半から2歳前半まで、長い間使ってもらえます。そして、少し肉厚ワッフルのコットン素材など、生地を選ぶとで真夏以外の3シーズン活用できます。デザインは、相手の好みもありますが、シンプルなパステル調だと、他のアイテムともあわせやすいと思います。春秋は、室内でちょっと肌寒い時に。冬は、アウターの下に重ね着として。体温調節がむずかしい赤ちゃんに「ベスト」は大活躍まちがいありません。ブランドは、ファミリアなどが幅広い世代に支持されています。縫製もしっかりしていて、お洗濯にも強い、おしゃれを楽しめるリバーシブルタイプのベストも人気です。

“我が家の子供服の選び方は、日常的に使える動きやすい服です。
おしゃれで、子供らしくかわいげなデザインもいろいろとあるけど、デザインによっては、保育園からダメ出しされることもあります。
例えば、パーカーや、ズボンについているリボンやヒモです。
遊具に引っ掛かって、首吊りになったり、怪我をする原因になるからだそうです。
ズボンの裾にリボンがついたものを履かせて行ったときは、リボンを切って貰いました。

デザインありきで買ったズボンだから、勿体ないけれど、子供の安全には変えられません。
また、絵の具やペンでのお絵かきや、食事のあとの食べこぼしの着色もよくあるので、新しい服には要注意です。
子供はすぐに服に色をつけてしまいます。
せっかく、かわいい服でも、袖口や襟元に、例えば、白いブラウスにちょんとミートソースがついたら、私は泣いてしまいます。
洗濯洗剤のCMでは落ちる汚れも、実際にはなかなか落ちきれません。
汚れを落とすために、ゴシゴシ手洗いしてしまうと、今度はそこだけ毛羽立つこともあります。
保育園の先生方も、着脱しづらい服は、いい顔をせず、やはり注意されます。
せっかく気に入ったデザインの服を購入しても、子供のためにこの服は着ないでくださいと言われてしまったら、本当にがっかりします。
だから、あまりデザイン重視にならないよう、日常的に着まわしのきくものを選びます。