私の育児の節約は洋服です。子供はすぐに大きくなり、着られる時期が短く、すぐに汚れたり、穴が開いたりしてしまいます。成長すると買う時は一気に買わなければいけないので、とても面倒です。ですから、できるだけ買いません。

お下がりも活用していますし、Tシャツなどの上着は買っても数百円で買える安い服が多いので買って済ませますが、パンツは手作りです。

130までのサイズであれば型紙も多く売られ、簡単なデザインで気軽に作る事ができます。

型紙が一つあると何度でも作る事ができて簡単です。1つ作るのに1,2時間ほどでできてしまいます。生地が安い時は生地を購入して作りますが、夫や私のパンツで、膝が白くなってすれてきている物は子供用のサイズに作り変えます。

膝に穴があいた時は毛糸で動物や花のワッペンを作って、継ぎはぎしてまたはかせています。最近は子供服のデザインが豊富で、新品でも継ぎはぎをしているようなデザインのものも売っているので、昔のように継ぎはぎしても貧乏臭さがないと思います。レースやボタンでかわいらしくする事も可能です。レースやボタンは100円ショップで購入できるので、手頃でおしゃれに作る事も出来、子供は喜んでいます。

反面、お金をかけているところもあります。
こだわりと言うのでしょうか。
リメイクできるものはしますが、出来ないものも存在します。
例えば下着など。
節約と言って安価なもの、例えばあまり質の良くないものを選んでしまうと肌荒れを起こし、ヘタしたら皮膚科へ通って薬を塗らなくてはいけないかもしれません。
変に節約しすぎて逆にお金がかかってしまうなんてことに陥らないように、直接肌に触れる服に関しては綿素材で安心なものを着せるようにしています。
特に新生児はとても肌が敏感なのでオーガニック製品が重宝しました。
最近オープンしたオーガニックベビー服専門店「グランマ」ではオーガニックにこだわった商品が販売されおり、注目しているお店の一つになっています。

お菓子選びで節約

幼稚園や保育園などに入園する前は、子供たちのお友達関係というのもまだ少なく、たまにお菓子など持参で出かけるといった程度。
入園となってお友達ができるにつれお互いの家で遊ぶ機会も増えて、通常の平日はそのためのおやつを用意しておくのがいつものことになっていたりします。

遊ぶお友達の人数もその都度同じでなく、一人のこともあれば二~三人のことも、それぞれに同じようにおやつの用意をしておくのは普段の心がけ。
近くのスーパーや宅配での商品の中から子供向けのちょっとしたおやつを数点、カバンを持ったまま幼稚園からそのまま遊びになんてこともありなので、小腹の空く午後の時間帯には必須のものです。こんなところでも、お値段が中くらいとか高くないけどまずまずおいしいお菓子選びをし、節約ということを考えます。

それ以外というと入園してから通うのもスムーズになって、お友達同士のお誕生会などそれぞれのお家でするようになります。お誕生会をする側でも一応は食事会の形を整えなければならず、子供たちが好みそうな献立の範囲でやりくり。このお料理やお菓子の分や戴きもののお礼の品物選び、これはちょっとしたものでいいのですが合計すると一万円くらいになってしまうことも。
でもこういったことは成長期には必要なことでもあるし、幼な心にも良い思い出になるので経済面で節約とばかりは思っていられないのですけど。