子ども服の節約についてですが、安いモノを買うのだったらお気に入りのデザインに出会うことはなかなかむずかしいかもしれません。
かっこいい服、かわいらしい服を希望されているお母さんだったらなおのこと、安い服で済ませるのは嫌かもしれないですしね。

私の場合、子ども服は主に、ネットの福袋を利用しています。
楽天などでも有名ブランドの福袋は取り扱いがありますし、ゾゾタウンにもあります。
とくによく利用するのはゾゾタウンで取り扱いがある福袋ですね。
最近は大人向けブランドでも子ども服を取り扱っていますし、そういったブランドのものは
すごくデザインも凝っていて素敵だと思います。
単品で購入すると高価なブランドでも、福袋だとかなりお買い得に購入することが可能です。
また、高級ブランドの子ども服を購入すれば、サイズアウトした場合にもネットのオークションサイトなどで
売りに出せますから、長い目で見るとかなりお得ではないかと思われます。
気に入らない服を安物買いするよりも、好きなブランドのものにこだわって購入した方が結果的には節約になると思います。

着て違和感がない程度の範囲で少し大きめを選択とし購入すること、
着回しができるアイテムを購入としそれに合わせたトップスを購入とする。
リサイクル店での購入や、不用となった服をリサイクル店で販売しそのお金をもとに新しいものを購入とする。
兄弟がいる家庭で不要となったものをいただく、手先が器用な方であれば自身でつくるといったことで節約とすることもできるでしょう。
流行に左右されないデザインを選択とすることも大切な要素といえるでしょう。
そうすることで、兄弟ができた場合でもより綺麗な状態であればおさがりとして使用が可能でしょう。
あまり安いものを買わないということも重要です。

安かろう・悪かろうという言葉もあるように、安いとすぐだめとなることも多いようです。
少し値がはろうとも、長く着れるものを選択とし購入としましょう。
色に関しても、異性の縛りがないものを選択とすることでおさがりとして利用することもできるでしょう。
やはり長く使用できるものが重要なポイントであり、それを可能とする要素を考え購入としましょう。
逆に数を重要視する方であれば、より安いものを購入するといったこともよいでしょう。
安いのがよいのか、高いのがよいのかは実際に着用とするお子様次第だと考えられます。