私は3人の娘を持つ母です。子供が多いとその分だけお金がかかりますので、生活のあちこちで倹約と節約を心掛けています。特に気を付けているのが子供服の節約です。どの様に節約しているかと言いますと、まずお下がりして使うことができるものは使うということです。子供は皆女の子なので服を使いまわしできてちょっと運が良かったかもしれません。
ただ、お下がりするとなると1つ気になるのがデザインがダサくなってしまうことです。

そういった服は娘達も嫌がって着たがりません。そのためその対策として行っていることが、まず流行に左右されそうなデザインの服は買わずにベーシックでシンプルデザインの子供服を購入するということです。プリキュアといったキャラクターなどは大体1年でキャラが変わってしまうため購入しません。できるだけ、年数が経ても気にせず着ることのできる様なものを子供と一緒に選んでいます。

また、もう1つ行っていることとしては服のリメイクです。お姉ちゃんからのお下がりの服を妹が嫌がることもあります。そんな時には服にレースを付けたり、ブラウスに刺繍を入れたり、可愛いボタンを付けたりして、少しお下がりした服のちょっとしたリメイクを施すのです。あまりにも大規模なものはまだそこまで手芸の腕がありませんので行えませんが、子供に「どういうレースが良い?」「どこにつける?」と一緒に考えながらリメイク作業をやっています。

子供服ってだいたいジャストサイズのものを着せると1年で着れなくなってしまいますよね。
外出着や行事の時に着る服は、割とお値段もしっかりとしたものを着せますが、普段着は毎日どろんこまみれになったり食事をこぼしたりと汚れが目立つので、がんがん洗濯出来て丈夫で、1年で処分しても良いプチプラのものを購入します。
きれいな状態でサイズアウトした子供服は、友人同士で交換し合って着まわしたりしています。
ちょうどよいタイミングで同じ年の子供がいないので、昔からの仲良しグループ内で、色々とサイズアウトした子供服を回してるんです。
これは本当に助かります。

まだまだ新品同様のものもあったりしますし、すごく可愛かった洋服をまた友人の子供達が着てくれるのは嬉しい事です。
子供服は次から次へと必要なものなので、お金をかけられないというのが正直なところです。
友人同士内で着回す他にも、親戚内でも着回したりしています。
妹の子供の方が大きいので、毎年たくさんのお下がりをもらっています。
我が家の子供達がサイズアウトした服がもう一度妹の末っ子の所に行く事も多々あります。

あまりにもボロボロになった服は処分しますが、きれいな状態のものはどんどん回します。
一度、近所のフリーマーケットを覗いた時、同じようにサイズアウトした子供服を大量に売っている方がいらっしゃいました。
どれも100円や200円で売られていて、とてもきれいな状態のものだったので、たくさん購入した事があります。
このようにフリマを使って、着回す方法もあるのだと感心しました。
いずれ出してみたいと思います。