冬の新生児服の選び方

新生児のお世話をしているお母さんはよくお分かりと思いますが、新生児の服選びは普通のお子さんとはかなり違います。
まずは首が座っていない。これによって、普通なら頭から被せられるシャツタイプの服は着せるのが難しいです。前で紐をしばる浴衣のようなタイプか、前をチャックかスナップボタンで開け閉めするタイプの服がメインになると思います。でも、冬の寒い季節にはペラペラの肌着だけでは体温調節がうまくできない新生児には寒いんじゃないかと不安になります。

また、どうしても外に出かけなきゃならない時もありますし、手足をやたら動かして布団等を掛けてもすぐにめくってしまう子もいます。うちの子がまさにそのタイプでした。
そんな時にオススメするのが全身タイツのように足の先まで覆われたロンパースです。我が家は手の部分は出るけど、足は上とつながって覆われているフリース生地のロンパースを利用しています。よく足を動かし起きている時はもちろん、寝ている時も多少布団をめくっていても足が冷たくなりません。
成長しても使えるようにサイズは大きめです。これも新生児の服の問題点で成長が早い子は1ヶ月単位でサイズが変わるのです。なのでうちでは1,2サイズ大きめを買います。これなら体が小さい内も暑いようなら手足をまくったり、寒くなったら逆に手足が冷え無いようにのばしてあげたりと融通が効くからです。また、オムツ換えがやりやすいように股の部分も開閉が出来るタイプの服がいいと思います。

出産祝いとして、ベビー服をプレゼントしようと考える人は世の中には数多くいることでしょう。そんな時に失敗しないためのベビー服選びについて紹介をします。
まず注意をしたいのが、プレゼントを贈る相手がどの程度ベビー服を買い揃えているかどうか知っておくことです。

多くの人は新生児の誕生に合わせて肌着やベビー服などはある程度用意を済ませています。
従ってどの程度ベビー服をそろえているのかリサーチをすることは非常に重要となるのです。

あまりベビー服をそろえていないという場合には新生児用のベビー服を贈るとよいでしょう。
赤ちゃんの肌は繊細であるため、素材は化学繊維が含まれていないものを選ぶと喜ばれることが多いといえます。オーガニックコットンなどの天然素材のベビー服がおすすめです。

一方で、すでに新生児用のベビー服がある程度そろっているという場合には、やや大きめのサイズのベビー服を贈ると喜ばれます。
ただしあまりに大きいサイズの服を贈ってしまうと、子どもが着られるようになるまで1年から2年程度時間がかかってしまいます。

生後2か月程度から着ることのできる70サイズや80サイズの服を選ぶとよいでしょう。
またこの場合でも天然素材の服を贈ると喜ばれやすいと考えられます。”