新生児の洋服選びでは、まずは肌に優しい素材かどうかが重要だと考えていました。
新陳代謝が活発で、汗も良くかきますが、新生児は大人の皮膚の3分の1程度の厚みしかありませんので、
汗を良く吸い、コットンやシルクなどの化学繊維では無い素材かどうかで洋服を選んでいました。

特にコットンであれば、洗濯も簡単だし、すぐに乾くので、頻繁に着替えが必要な新生児にはピッタリの素材です。

ミルクを吐き戻したり、オムツから漏れてしまったりと、何かと洋服が汚れては着替えが必要なので、
簡単に洗濯機や手洗いが出来て、すぐに乾く素材の洋服はとても便利です。

また、新生児の洋服は着脱させやすいデザインを選ぶと良いです。
浴衣や着物のように前開きで、紐を結んで止めるようなデザインが着脱に便利です。
袖や襟ぐりがゆったりとしている洋服は、通気性も良いので汗疹などになりにくいのでオススメです。

そして、最後に新生児の洋服選びとしては一番注意が必要なところは、必要以上に買い過ぎないということだと思います。
生まれたばかりは50〜60サイズの洋服を数着用意しておけば十分です。
成長してすぐに大きくなり、プクプクと丸く太ってくるので、想像以上に早く洋服はサイズアップします。
なので、短期間しか着られないことを想定し、なるべく安価で、安全な素材を必要な枚数だけを買い足していくことをオススメします。

新生児の皮膚ってとってもデリケートですよね。初めての洋服選びは結構悩みました。かわいいものもいっぱいあるけど、生地が汗を吸いにくそうだったりゴワゴワしてたり色々ありました。それで私が選んだのは、オーガニックコットンのものを選びました。デザインよりも質を重視。新生児は寝てるばっかりだし、自分のパジャマの生地が悪いと寝心地が悪いですもんね。
1人目ってすごく親がデリケートになってるから、子供もデリケートですよね。

色々出産祝いで洋服をいただきましたが、自分でも十分に用意をしてあった事もありますが、色々好みもあるので意外に着せる事は少なかったです。でも、お古は生地がクタクタで汗をよく吸うから便利。どんなにミルクを吐いたから1日何回も着替えをさせる時も、先輩ママが選んだのは着せやすかったな。
私は自分が着なかったので出産祝いは1年後ぐらいに着れる物を探すことにしています。1歳になる外で遊ぶ機会も増えるから、チョットオシャレに見えるジーンズを送る事にしています。だいたい合わせやすいし流行りが少ないからとっても便利なんです。自分ののコーディネイトもジーンズがあると便利ですもんね。それと一緒ですよ。
どんな事があっても、新生児の洋服選びは真剣慎重に決めていました。