よく、新生児の服で、簡単に脱ぎ着ができるように、マジックテープをつかったものがありますが、マジックテープが肌にこすれた時って痛いですよね。なので、私はボタンのタイプのものをあえて選ぶようにしていました。また、長肌着は、脚をよく動かせるようになったら使いづらそうだったので、コンビ肌着を使っていました。
また、新生児に服を着せるのって結構大変ですよね。そのため、短肌着をきせて、ベビードレスを着せて・・・

としなくてもいいように、それがセットになっていて、一度で着せられるという便利なものもあるのですが、新生児はミルクの吐き戻しや、うんち漏れなど、着替えをしなければいけない場面が数多くあります。そんな時、セットになってしまっていると、ベビードレスしか汚れていないのに、両方替えなければいけなくなりますよね。便利そうに見えますが、意外と洗濯物が増えてしまったり、余計に洋服の枚数が必要だったりするので、別々のほうが便利だなと思います。

あと、同じサイズでもメーカーによってすごく大きさに差がある場合があるので、新しい服を買いに行く時は、いつも着ている服を持って行って、合わせながら買うと失敗がないです。せっかく大きいサイズを買いに行ったのに、買って帰ってきたら、今着ているものと変わらない大きさだった・・・ということもよくあるので。

幼児ぐらいまで成長すると・・・
幼児の服の選び方にはいくつかポイントがあります。第一に動きやすいことです。いくらデザインが可愛くても子供が動きにくいのはかわいそう。特に就学時前の子供は活発ですし、動きも何をするか分かりません。そんな子供の動きを妨げるような服装は避けたいもの。第二に素材です。子供は皆汗っかきです。そんな子供が汗をかいても快適に過ごせるような素材選びが大事。場合によっては子供のナイーブな皮膚に刺激が強くて赤くなったり湿疹の原因になることもありますので、私は基本綿素材の洋服をおすすめします。

痒そうな姿を見るのはやはり子供ももちろんママとしても辛いものです。
湿疹でむずがったりしたら子供もママもストレスを感じてしまいますよね。
大阪府吹田市に新しくオープンしたオーガニックベビー服の専門店グランマでは赤ちゃんの肌に優しい綿素材のベビー服を見る事ができます。
オーガニックにこだわったお店なので安心ですし、多数取り揃えているため、赤ちゃんやママが脱ぎ着しやすいお気に入りがきっと見つかるはずです。

第三に脱ぎ着しやすいものです。
この時期に子供は心も体も大きな成長を遂げます。自分で服を脱ぎ着できるようにするのも親の責任。就学前には自分でなんでもできるようにさせたいので、自分で脱ぎ着しやすいデザインを選んであげると自立心も芽生えますし、上手に出来たときの喜びも手軽に与えられることと思います。そして最後は子供の喜ぶデザインですね。

キャラクターものやかわいいデザインなど子供服はバリエーションに富んでいます。毎日子供が笑顔で過ごせるように、また自分の身だしなみに気を使える子供にするためにも親の趣味を押し付けるのでなく、子供が期待デザインのものを選んであげるようにしてください。