新生児の服の選ぶまず第1は着替えのしやすい形、赤ちゃんの皮膚に負担の少ないものを選ぶこと。
海外のものはかわいいデザインがたくさん。
でも背中にホックがついてるものが多いのでそこは要チェックです。
まだうつぶせになれない寝返りもうてない赤ちゃん。
前ホックが圧倒的に着替えが楽なんです。
結局、デザインより実用性でヘビロテか決まります。
あと、後ホックが駄目な理由は仰向けで寝てる赤ちゃんの背中が赤くなってしまうこと多いんです。

アレルギーとかがなくても赤ちゃんの皮膚は敏感だから、固いものがこすれるだけでかぶれたり赤くなったりしちゃうんです。

次にデザイン。
どういうデザインのものを選ぶかのポイントは、ママがどういう服が好きかがポイント。
ナチュラル系が好きな方にはオーガニック関係のものを送ったり、
かわいい感じの服を着てるママにはかわいい系など、
ママが着てる感じに似たデザインのものを送ると喜ばれます。

そして、予算があるなら。。。
ちょっと自分じゃ買わないかな、って感じのお出かけ着っぽいものを買うのもアリです。
新生児の間はあまりお出かけはしないことが多いです。
いろいろ揃えるものも多く出費の多い出産直後。
使用頻度の少ないかわいいお出かけ着ってなかなか自分では買えないママが多いんですよね。

ポイントは赤ちゃんの負担の少ない着替えさせやすい形であること。
ママの好きそうなデザインであることの2点です!
自分の好みで選んじゃうのはNGですよ。

新生児の洋服は日本製のものにこだわりました。大人の洋服もそうですが、洋服は中国などの外国で作られているものが多くあります。特に着ていて問題に感じることはないと思いますが、新生児のお肌はとても繊細なのでほんの少しの洋服の縫製の具合や、糸の処理、生地の処理が不愉快に感じてしまったり、お肌に傷とまではいかなくとも肌荒れなどを起こす原因にもなります。
日本製の商品であれば生地自体もそうですが、縫製も丁寧に行われ糸の処理もきちんとされているので新生児のお肌に適していると言えます。

特に肌着は新生児の肌に直接触れるものなので日本製を選んでいました。新生児とはいっても一生懸命手や足を動かしたり、伸びてみたりして体を精いっぱい動かしたりします。そんな時に不快になるような肌着を着せていては可哀そうだなと思ったのです。
生まれてきて初めて身に付けるものが洋服や肌着なのでお肌に優しい素材、お肌に優しい作りになっている日本製の安心して新生児に着せることのできる商品を選ぶことは親の役目だと思います。また、新生児の小さな洋服や肌着は思い出にもなるので少々高くても思い出の品として保管してのちのち見返したりするので惜しくないと思いますよ。