新生児の肌はとてもデリケートなので、縫い方が丁寧な物を選んでいました。
例えば、糸のほつれや縫い目が内側にある肌着などは、糸の一本でさえ新生児の肌を傷をつけてしまうかもしれません。それから、使われている素材もなるべく綿のもので肌触りの柔らかい物が良いと思います。
赤ちゃんは代謝が良いので、通気性や汗の吸収性を考えると綿がベストです。
寒い季節に生まれた赤ちゃんには、たくさん着せる必要があるかもしれませんが、できる限り化学繊維の使われていない衣類を選ぶほうが良いです。

肌着と同様に直接肌に触れることもあるので、敏感な赤ちゃんは肌が負けてトラブルになることもあります。
最近では可愛いデザインの服もよく見かけますが、やはり一番大切だと思うことはデザインよりも身に付ける赤ちゃんのために、お肌に優しい素材を選ぶということです。
このような理由から、お祝いで贈る品物もできる限り綿のものを選ぶようにしました。オーガニックコットンを使用した無難なデザインのものを贈ったことがありますが、赤ちゃんの性別に関係なく使えるものにしました。
頂く側にとっては、そのような気配りがあることが喜ばれます。
服をお祝いで贈るということは、ファッションセンスも関わってきますので私はできる限りシンプルなものを選びました。受け取る親の立場からは、好みでない服を頂いても困ると思うので、新生児へのお祝いには無難なものを選んでいます。

新生児の洋服は本当にこんなに小さいの!?と思うほど小さいですよね。
でもあっという間に大きくなるからといって大き目を選ばずにちゃんと合ったサイズを選んであげたいです。
新生児といえども手足を動かすことはできます。大き目の洋服を着せていると知らない間に手が洋服の中にもぐってしまったり、足が出てしまったりします。
そうなるとお洋服にもぐってしまった手足を出してあげるのにも一苦労ですし、大き目の洋服だと、肩がでろーんと出てしまうこともあります。

お下がりなどを利用してちょうどいいサイズのものを選んであげたほうが良いかと思います。
そしてなによりも着替えさせやすいことがポイントだと思います。新生児のうちは吐き戻しやおむつがうまくできてなかったりなどでお洋服をよごしてしまうことも多いです。
なのでママが着替えを楽にできるものをえらんであげると良いと思います。
見た目はちょっと地味かもしれませんが汚れなどが目立ちやすい白で簡単に着脱できるものがやはり新生児には良いと思います。
そして汗を吸いやすく肌触りの良いもの、ということで綿のものが良いと思います。縫い目などがゴロゴロしないようになっているものも新生児のやわらかでデリケートな肌には良いと思います。