赤ちゃんにテレビを見せてもいいのかどうなのか。
私は、見せないようにしていました。
何故かというと、保育士をしている頃に保育士研修で『テレビは2歳までは見せないのが理想です。赤ちゃんが集中して見ているようにお母さんたちは見えるのでしょう。しかし、そうではなく、テレビは刺激が強すぎて赤ちゃんの脳が混乱してしまっているから赤ちゃんの動きがとまるのです。』

と、聞いたことがあります。 
実際、赤ちゃんの動きを見ていると、確かにテレビの方をじーっと見ていました。
テレビをつけていると、そちらの方を観て泣き止むし、家事をしている間は助かりそうでした。
でも、私はテレビは頼らず子育てしようと決めていたので、主人や家族に協力してもらい、テレビを消すようにしました。
テレビの代わりに、絵本をたくさん読みました。
新生児の頃から読み聞かせをしていました。

1冊の本を繰り返し繰り返し読んでいると、2ヶ月頃から反応を示してくれるようになりました。
抱っこして、目を見つめて素読み(絵本ナシで文章だけを読む)をすると時々声を出して一緒に楽しんでくれていました。
初めは、偶然かと思っていたのですが、何度か抱っこをして素読みをしていると、やはり反応が返ってきていました。
大きくなるにつれ(6ヶ月頃)図書館デビューもしました。
絵本に親しんでいると、機嫌が悪くなったときにテレビをつけなくても、絵本で機嫌が落ち着くようです。

鞄には小さな絵本を忍ばせてお出かけするようにしていました。
公共の場で、ぐずったときのお助けアイテムでした。
絵本にはママの声の温かさ、それを通してのスキンシップ、世界の広がり、脳への活動刺激なと、たくさんの良さが含まれています。
テレビ代わりに、絵本をぜひ選んで何冊でも読んであげて欲しいです。