私の息子は現在3歳です。私も今は何とか母親らしくなりましたが、息子が生まれたばかりの頃は、精神的にとても不安定でした。息子は3600g超えの大きめな子供で、大きな声でよく泣くし、おっぱいもよく飲む子でした。私は初めての育児で右も左も分からず、

参考になるのは育児書のみ。そこには「3時間おきの授乳」と書かれていました。私は育児日記を用意し、そこにしっかりと授乳の時間を記録するようになりました。

息子が泣いたらまず時間をチェック。前回の授乳から3時間経っていれば、育児日記に時間を記録し授乳開始。もしも3時間経っていなければ、授乳のタイミングではないと判断し、ただあやすのみ。あやしながら3時間経過するのを待ち授乳開始。

泣いている息子を見て母親や夫が「お腹がすいているんじゃないか?」と言っても、「まだ3時間経っていないから」と全く聞く耳を持ちませんでした。なぜなら育児書にそう書いてあったからです。

この時の私は、息子の要求よりも時間の記録を優先していたように思います。しかし今なら分かります。あの時お腹がすいていたんだなぁ、と。

時間なんか気にしないで、すぐにお腹いっぱい飲ませてあげれば良かったなぁ、と。子供は本当に様々です。私の息子は体も大きく、人一倍おっぱいの飲みたい子だったということです。お腹がいっぱいになれば寝てくれます。そうすると自分が楽になれるのです。お腹がすいたと泣く子供には、すぐにお腹いっぱいおっぱいやミルクを飲ませてあげてください。

出産が不安だった私

私は事情があり、親に頼ることができなかったのと、夫が朝早くから遅い時間まで仕事なので
あまり頼れないため、出産が不安で仕方ありませんでした。
出産自体も初めてだし、頼れないと思うとプレッシャ-だったのと、出産後の子育てが上手くできるか、
一人でちゃんとできるかなど、本当に心が押しつぶされるかと思うくらい不安でした。
でも、実際、子どもを産んで育てて、今になって思うことが沢山あって、ぜひ新米ママさんにも
こんなに楽しく子育てできたよという事をお伝えしたいと思います。

まず、出産後の子育てと体の不安ですが、実際産んでみたら、赤ちゃんって可愛いものだなと思いました。
というのも、その時はすごく不安だから、ちょっと泣いたら「どうしたのかな」とか
夜中に泣いていたらうるさいのでは?と思ってしまったりと、今思うと過敏だったなと思うのです。

今、もし隣の家で赤ちゃんが産まれて、泣き声が聞こえてきたら、なんて愛おしい声なんでしょう、かわいらしいなぁとか「うるさい」と思うことはありません。

毎日毎日何時間も泣いて泣いて、仕方ない時に多少は思うかもしれませんが、基本あまり思わないのです。
なので、赤ちゃんの鳴き声は気にすることはありません。それより、赤ちゃんはしゃべれないので泣いて会話をしていると
思った方が正解です。泣き方によって、甘えていたり、ママを探していたり、寝ぐずりしていたりといろんな表現があります。

よく観察してお話に耳を傾けてあげて欲しいです。
それから、夜泣きはよくママの不眠になり、つらいと思ってしまいますが、解決方法があります。
それは赤ちゃんと一緒に生活することです。赤ちゃんが寝たら自分も寝る。赤ちゃんが泣いたらとにかく抱っこしてくっついて安心させてあげる。声をかけてあげる。そばにいるよと教えてあげることで、だんだん赤ちゃんは安心します。

安心することで情緒が安定して、いつもニコニコする機嫌のよい子が育ちますよ。
子育ては母親も子どもも一緒に成長する過程なのですよ。最初から完璧な人はいません。赤ちゃんとの生活を思い切って楽しんでみてください。
あっという間に成長するので、本当に大切な親子の時間になりますよ。