私が育児で一番大変だと感じたのは赤ちゃんが泣く事です。
夜泣きなどいつまでたっても泣き止まなくて、可愛い我が子でも困り果ててしまう時があります。
お腹が空いたのかオムツなのか、それとも甘えたいだけなのか、いつも一緒にいるのによく分からなくなります。
抱っこしても泣き止まないので、頼る人が近くにいないとママも気持ちが爆発してしまうかもしれません。

私も赤ちゃんが大泣きして追い込まれた事がありました。
そんな時におしゃぶりを与えると落ち着いて泣き止んでくれたりします。
おしゃぶりについては歯並びが悪くなるだとか、母乳を飲まなくなるだとか言われていますが、ママの方が追い込まれてしまったらそれこそ大変なので、使用してみてはどうでしょうか。
ただしそのおしゃぶりが汚れていたらとんでもない事になるので、口に入れる物に関してはしっかりと除菌をしましょう。
おしゃぶりなどに付いている汚れのせいで、中耳炎になってしまう可能性があるそうです。
お世話で忙しくて面倒になって、除菌をしなかったりしてしまう事もあるかもしれませんが、耳に菌が移ってしまったら大変です。
困っているから与えたのに、更に困る事態になってしまうかもしれないので、しっかりと消毒をした方が良いです。
それさえ気をつけていれば、おしゃぶりも問題なく使用して大丈夫なので、赤ちゃんが泣く事に困っている新米ママは是非おしゃぶりを利用してもらいたいです。

離乳食を食べてくれないで心配

離乳食の不安は、たくさんありますよね。
離乳食を食べてくれない、食べる量が少なくて心配なとわ、食べる量についての不安ってありますよね。私も、いろいろと心配になりましたが、今振り返ると全然心配することなかったなと思えます。
うちの子は、離乳食を始めたの6ヶ月の頃でした。最初は、まぁ食べてくれるほどという感じで、スムーズとまではいかなかったですが、それでも完食してくれていました。

それが、8ヶ月位経ってきたときに、ガクンと食べなくなった時期があったんです。それまで完食してたのに、完食しなくなってしまいました。やっと親も子も、離乳食にも慣れ始めてきたときだったのに、なんで食べなくなっちゃったのーと思いました。最初の何口かは、食べるんですが、それからはなかなか進まず。親としては、せっかく作ったから、やっぱり完食してほしくて、無理矢理食べさせたりもしましたが、無理矢理食べさせるとよけいに嫌がってしまったりしました。まぁ気長に様子を見てみるかと思ったら、また1歳頃には食べ始めるようになりました。

2歳8ヶ月になる娘は、今ではよく食べて、身長・体重も平均以上になっています。ああんなに、離乳食時には悩んでいたのに、自然と食べるようになるんだなと思うので、大丈夫ですよ。いつまでも食べないなんてことはないですから、気長に様子を見てみてください。