離乳食、月齢に合わせて成長に合わせて硬さや形状など工夫して調理するのは大変ですよね。特に離乳食初期の5ヶ月6ヶ月頃の赤ちゃんには、10倍粥をすり潰して食べさせたりと手間も大変かかります。毎日の仕事となると、ママの大変さも蓄積されますよね。

手間暇と愛情をたっぷりかけて作った離乳食。なぜ?一口も食べてくれない。食べる量が一向に増えない。集中して食べてくれないなど、お悩み中なママさんへ少しばかりのアドバイスを書かさせて頂きます。

うちの息子も、離乳食の食べムラはかなりありました。食べるようになってきた!体重も順調に増えて来た!と、我が子の成長に大変喜び嬉しくて離乳食作りも楽しくてって日々が続いたと思えば、急に食べない時期がやって来る・・・これの繰り返しが0歳のうちは、本当に何度あったか数えられないくらいありました。何か気に入らない食材でもあったかしら?硬さがよくなかったのかなと、残された残飯を食べて色々考えたり。離乳食本や育児書を読み漁ったり。

まず、これだけは言えます!食べるようになる日が必ず訪れます。ずっと食べないまま、おっぱいやミルクだけで大人になった人なんていませんよね。離乳食はかなりの長期戦になると割り切って、焦らずゆっくり構えて下さい。食べたい日もあれば、食べない日もあります。大人も、今日はなんだか食欲が無いなって日がありますよね。大好きな食べ物だけど、なんだか今日は食欲が湧かないって日も。

それと同じです。ましてや赤ちゃんですし、大人より食べなくちゃとか食べないと栄養が足りなくなると考える事ができませんし。食べない日もある、食べなかったら私が食べようくらいの気持ちで構えてみて下さい。

また、育児書や離乳食本はレシピを参考にする程度で十分です。教科書通りには行きません!教科書通りに行かない我が子を嘆く、ご自身の育児法や離乳食の仕上がりを嘆く事も必要ありません!参考書籍は、個人差があるという部分を抜粋しています。平均的な内容にしかなっていないですし個人差を盛り込むのはキリがありませんからね。あまり書籍頼りにするのはご自身を辛くさせるだけです。あなたとお子さんなりの離乳食の進め方が一番です。

私の経験より新米ママへ~寝不足解消のアドバイス~

私は一児の母です。新米ママさんへのアドバイス、させて頂けるほどのベテランママでもありませんが、育児一年未満のママさんに少しでもお役に立てられるアドバイスがと思い、書かさせて頂きます。

うちの息子は、本当に何処へ連れて行っても手のかかる子ですねと言われる程に、よく泣く子でした。今でも、気に入らない事があると自我がハッキリしてきているので怒って泣いて自己主張をして来ます。泣き方が尋常ではない時など、本当に心配が耐えませんでした。感情が豊か、感受性が豊かだと小児科医に診断された事があります。その性格の為か、夜泣きも酷かったです。

0歳の一年間、特に6ヶ月~10ヶ月の5ヶ月間は、1時間おきに泣いておっぱいを欲しがり、毎日フラフラの状態で育児をしていました。

寝不足は、本当に体力的にも精神的にも辛くて心の余裕を失います。お友達とのランチのお約束も何度お断りさせて頂いたか・・・。毎晩、夜が来るのが本当に怖くて辛かったです。また今夜も寝不足なんだろうな。明日のお出掛けは体力的に無理だろうなと。同じ月齢のお友達が、うちの子はよく寝るのよと聞くと、なぜうちの子はこんなにも泣くんだろう。私の育児法が間違っているのではと自責の念に駆られたり、発育に問題があるのではと不安になったり、楽しい育児には程遠いものでした。

相談してきた周りのお友達や先輩ママさんには、今だけ。いつかは寝不足なんて思い出になるよとアドバイスを貰って励まして貰って来ましたが、寝不足真っ只中な時期ってそんな風には考えられなかったんです。喉から手が出る程に、睡眠時間を今すぐに欲しいと一日一日が必死でしたから。それが、本当にそのアドバイス通りなんです!息子が1歳を迎える少し前に、あまりの寝不足から断乳をしたんです。それが効果覿面だったと思いますが、夜中にギャーっと泣く事がパタっと無くなりました。朝まで泣かずに寝てくれるように。お蔭で、細々ながら在宅の仕事も出来る余裕が生まれ、お出掛けも楽しめるようになりました。

今、寝不足で辛い思いをされているママさん、本当に大変だと思います。夜中に泣き声を聞くのは精神的に辛いですよね。ママも、お昼寝を一緒にしたり、家でゆっくりする日も作ってどうか乗り越えて欲しいなと思います。ねんね、上手になります必ず!いつまでも夜泣きをしたまま大人になっている人はいませんよね。

夜泣きの始まる時期も個人差があれば、終わる時期も個人差があります。体力仕事な育児、慢性的な寝不足からママの体調を崩すような事にもなり兼ねません。パパにも協力をして貰って、眠れる時間を作って下さい。終わりはやって来ます、必ずやって来ます。お子さんにイライラしても、自分を責めないでください。イライラしたっていいんです。イライラしない方が不思議です。皆さんのお子さんが、ねんね上手になる日が早く訪れますように。

この記事をお読み頂いて、少しでも気持ちがスーッとして貰えたら嬉しいです。