幼児の洋服選びは楽しいものです。
ですから、赤ちゃんが生まれるとご両親はもちろんの事、ご両親の親御さんは孫の洋服と贈ってくれたり、ご両親の友人知人も洋服を贈ってくれる事が有るくらい赤ちゃんの洋服選びは楽しいものなのです。
赤ちゃんや幼児の洋服を選ぶ場合、1番大切なのは肌触りと素材です。
もちろん、素材はオーガニックが良いでしょう。

あかちゃんや幼児の肌はデリケートですから、布ずれや通気が悪いと肌に負担をかけてしまって肌荒れやかぶれうを直ぐおこしてしまいます。
また、赤ちゃんは洋服を口に含んだりするので、生地が毛羽立たないものを選ぶ事も大切な事なのです。
毛羽立つと、赤ちゃんの首、腕、指などのくびれたところに繊維くずが挟まっている事が多いので注意しなければなりません。

あかちゃんや幼児の洋服のデザインで、注意しなければならないのは、首などに絡まる紐やベルトが無い物、小さい飾りなどが取れやすく口にしない物などが無いか注意したいものです。

また、季節によって、通気性や保温性が有る物を使い分ける必要も有ります。
そして、なんと言っても赤ちゃんや幼児が着用して、動きやすい事も大切になります。
ですから、大人が色やデザインで可愛いだけで選んでしまうと失敗してしまう事も有りますから、良く素材や服の隅々までチェックする事が大切なのです。

赤ちゃんはとても敏感です。
例えば大人ではなんてことない若干のムレや服のタグが、実は赤ちゃんにとっては不快でずっとむずがる原因となる事さえあるのです。
小さな糸くずを取り除いただけで泣き止んだという話はよく聞きます。
子供を育てあげた経験豊富なおばあちゃんのオーナーが選ぶ、素材にこだわったオーガニックベビー服を扱うグランマでは、綿素材で着心地の良い選びぬかれたベビー服が販売されており、安心して着用させてあげる事ができます。
通気性で言えばやはり綿素材に勝るものはないでしょう。なるべくアクリルなどでは無く、綿素材のものを着せるようにしています。
赤ちゃんにとって最良の服を着せてあげる事が大切です。

ワンサイズ大きいものを買い、幼稚園においておきます

子供の服は、安くて長く着れるもの、特にワンサイズ大きいものを買うようにしています。

幼稚園に通うようになってからは、幼稚園に補充しておかなくてはならず、枚数が必要となってきました。
汚れたら着替えるように補充していても、意外と着替えないものです。幼稚園で眠ったままの服が数枚あるということなのです。
そこで、ワンサイズ大きいものを買い、幼稚園においておきます。もし、着なくても、来年着ればいいのです。
もちろん、ワンサイズ大きいものを着ても、とくに半そでとかは、大きすぎると感じることはあまりありません。

といっても、幼稚園では絵具や粘土など、家ではしないような遊びでしっかり汚して帰ってきます。
安い服なら、がっかりする必要もありません。
たくさん洗濯して、縮めば、逆にぴったりサイズになるかもしれませんしね。笑

最近は安い服が色んなところで、かわいいものがたくさん売っているので、妥協せずに好きなデザインを選ぶことができます。
一応、みんなとデザインが被らないように、近くのお店ではなく、実家に帰ったときとかに買うようにしています。
近くにはないお店で買えば、どこにでもある安い服ではないような気分で、服を着せてあげることができます。笑