一番気を付けていることは素材です。肌に直接触れる肌着は絶対に綿100%。そして日本製のものを探しています。
デザインは地味なものが多かったりもしますが、デザインよりも機能性のほうが断然大切です。
できれば、オーガニックコットンのものを選ぶようにしています。
小さい子供は肌も弱く、敏感なので合成繊維の服を着せるとかゆがったり、冬場なら静電気も起きやすいので基本的には綿を選んだ方がいいと思います。

冬場に着せるトレーナーやジャンバーなどはどうしてもポリエステルなどの合成繊維を含みますが、その時もできるだけ綿も混ざっているものを選びます。
パジャマも最近はフリース素材の物がおおいですが、寝ている子供にはフリースだと暑すぎるみたいで、布団を蹴ってしまったりして逆に寝冷えをしているなんてことも多いです。また、フリース素材は静電気はすごくて、あのパチパチ感をものすごく嫌がってしまうので、やめた方がいいと思います。
確かに綿は合成繊維ほどの温かさはないですが、重ね着(肌着+ロングTシャツなど)をすれば、その重ね着の間に空気の層ができて保温性が高まるそうです。
子どもは冬でも汗をかくことが多いので、吸湿性という面から見ても絶対に綿がおすすめです。
最近ではグランマのようにオーガニックのベビー服、ベビー用品を売っているお店もあるので近所でこういうお店が無いかチェックしてみる事がいいと想います。

幼児の服を選ぶ場合、子供はとにかく動くので、良く伸るニット生地の服を選ぶようにしています。デザイン重視だと動きにくく服に気を取られて伸び伸び遊ぶことができません。以前購入して失敗したのが、デザインが気に入って購入したパンツですが、実際はいてみると、股が身が短く伸びない素材で、少し動いただけでパンツに入れているシャツがパンツから出て背中が見えてしまい、子供が何度も気にしてシャツを入れ直していました。

伸びる素材であれば、股が身が多少短くてもシャツが出にくいと思いますが、伸びない素材だったため、動くたびにお尻が見えて履きづらそうでした。子供にも「このズボンいやだ。」と言われてしまいました。服を気にせず、思いっきり遊ぶためにも伸びるニット素材がおススメです。子供は肌触りが柔らかい素材も好きなので、さわり心地が良い服も選びます。デザイン重視で服を選ぶと、刺繍やレースなどのデザイン重視の服は洗濯したときにほつれやすくなるので買いません。。子供はたくさん汚しますし、洗濯しても伸びない素材が良いと思います。安すぎる服は、2,3度の洗濯で伸びて色落ちしてしまいます。安くても伸びにくい素材の服を選んでいます。