テーマ:「プレゼントするなら」
子供服の販売員をしていますと、ご自宅用の方も多いですが、プレゼント用にご購入いただく方も多いです。出産祝いなどにはオムツや洋服などが真っ先に浮かぶと思います。実際に来店される方などに共通するのは、「今着れるものを買うべき」か、「来年でも着れるものを買うべき」かを悩まれる方が非常に多いです。それがプレゼント用だとなおさら悩まれる方が多いです。今着れるものだとすぐ着れなくなっちゃうし、大き目を買って長く着てもらおうとすると今すぐは着れないし、というスパイラルに陥る方が多いです。

接客していて、それぞれのお客様に合ったアドバイスなどはしているのですが、私自身の考えを言うならば「今着れるもの買うべき」です。
出産祝いの場合は、たくさんの方からプレゼントを貰うことでしょう。また、家族は出産準備として必要最低限の洋服などは揃えていても、どこかしらで洋服が貰えると思っているはずです。実際、私もたくさん頂きました。それならばすぐに着れるものをあげると喜ばれます。
誕生日などのプレゼントに関しても、長く着てもらうために大き目の洋服を購入するのもいいと思いますが、子供服は案外かさばるものです。割と子供服は毎年購入すると割り切っている家族も多いと思いますので、すぐに着れるものを選ばれた方がいいかと思います。

幼児の服の選び方で一番に重要視する点は、他の子と似た感じのデザインや組み合わせを排除しよりどこにいってもより目立つものを選択としております。
幼児といえば大変小さい身長であり、ちょこちょことあちこち歩きまわり迷子というリスクを考えるとやはり目立つこと、迷子になった場合でも説明しやすい特徴ある服装を
選択としております。
他に安全面という面でいうと、引っかかって首がしまる、踏んで転びケガをするといった要素を配慮してより活動しやすいものを意識して選択としております。

しかしだからといって定番的な安全なものを選択とするわけではなく、その子にとってより似合うものを選択とします。
幼児の時期というのは少しの期間だけであり大変貴重な時期でもあります。
その時期にしか着れない服もあるでしょう。
より多く本人が着たいと思う服も配慮して選択していきたいと思っております。
他に温度調節をしやすいものを意識して選択としております。
屋外・屋内でいる際幼児というものは、大変汗をかくものであり汗を放置することで風邪の原因となる場合もあるでしょう。
厚着をせず羽織もので調節ができるものを意識して選択としております。
幼児の服装は、機能面や体質面、好み面などさまざまな面をより多く配慮して総合的に大丈夫と思うものを選択しております。