とにかく、持っている服との相性を一番に考えて、子どもの服を買っています。私には、妹がいます。妹は、私より先に子どもを産みました。妹には、5歳の男の子がいます。私の息子は、1歳です。そして、妹は、甥っ子が今まで着てた服を、全部くれました。おかげで、私はめちゃめちゃちょっとしか、息子の服を買っていません。助かります。だから、息子の服を買うときは、今持ってる服との相性を一番に考えて、かぶったりしないように、合わせる服がなくて困らないように、気をつけながら、ちょっとだけ買い足しています。

最近では、靴下が少し洗い替えが少なかったので、買いました。他は、冬物はまだ買っていません。甥っ子のお古がたくさんあるので、今はまだ様子を見ています。秋に、ロンパースを買い足そうか迷って、買わなかったので、ロンパースが、今は一番の買い足しの候補です。こんなふうに、お古をたくさんもらえると、買い足すものは、主に消耗品になります。汚れやすい、下着や肌着、靴下なんかが多いです。それから、ここぞというときに、奮発して、いいものを買ってあげたりもできます。お正月には、ちょっといい服を、上から下まで、全部揃えてやりたいと思います。

私がそうだったのですが、一人目の子供となると服だけに限らず、何かと気合が入ってしまうのか、服にもかなり拘っていました。
お古も絶対に着せませんでしたし、買うお店を決めていたので、そのお店以外の服を着せる事は滅多にありませんでした。
 でも、外遊びをするようになると、公園に地べたで座るし、自分で物を食べるようになると、こぼしたり、汚れた手をなすりつけたり、
やりたい放題されて、拘って選んだ服も台無しにされていました。

 その時、全然平気でいられるお母さんならいいのですが、私は厳選して買った数少ない服しか無かったので、結構イライラしました。
でも、「それって子供にしたらとても不幸な事だな」と子供の成長と共に感じるようになってきました。子供にしたら、汚しても怒られない、
直ぐに着替えがある状態の方が断然楽だし幸せだと思うのです。
 私の娘は今幼稚園の年長です。そろそろ「この服が可愛い」と言うようになってきました。来年の春には小学校に行き始めるので、お友達の
服を見ては「~ちゃんは可愛い服を着ている」とか「~ちゃんみたいな服がいい」とか言い出すのかな?と思ってます。そうなってから
服にお金をかけてあげても遅くはないと思うのです。
 お金に凄くゆとりがあって、ブランドの服を泥まみれにされても何とも無いような経済状況なら構わないと思うのですが、母親の拘りだけで
そのような服を着せているなら、ついついイライラしてしまうと思うので、それなら使い捨て感覚で着せられる庶民的服の方が子供は幸せだと
思います。