こどもの服を選ぶ。こどもの服を選ぶのはとても楽しいことです。これは似合うかな?あの服と合わせるのにいいかな?なんて考えながら選ぶ時間がとても好きです。もちろん、こどもと一緒に選ぶのも楽しいことです。赤ちゃんだったこどもに好みができて、自分の着たい服を手にとってくれる。とてもうれしい成長です。
母親として服を選ぶときには、見た目が好みなものを選ぶことが多いですが、一緒に考えるようにしていることがあります。

それは「動きやすく安全な服であること」です。
大げさなことではありません。ウールのコートはとっても素敵だけどまだ小さな娘には重たくて動きにくそう。それなら軽くて自分で脱ぎ着しやすいものを。遊んでいる時に遊具に引っかかってしまうような長い紐はないかな?それなら飾り気はないかもしれないけれどシンプルな作りのものを。
そのようにしてこどもに服を選んでいます。見た目がかわいい服を着せてあげたい!という気持ちとともに親として元気に遊ぶためにも心地の良い服を選んであげたいという気持ちでいます。
このように文章にするとたいそうなことのように思えますが、みんな知らず知らずのうちにしていることなのかもしれません。
毎日元気に遊ぶこどもにとって服がその邪魔をしないように。そして自分で扱いやすいものであるように。
ボタンかけをおぼえてファスナーの上げ下げをおぼえて…。服はいろんなことを教えてくれると思います。そして毎日身に付けるものであるからこそ、ひとつひとつ丁寧に選べたらいいな、と思っています。
この先、娘がその気持ちに気付くことはないかもしれないけれど、大切な誰かのために服を選べる喜びとともに。

幼児の服選びはリーズナブルであることです。

幼児の服、というと、やはりすぐに汚れるし、洗濯がきくものがいいですね。そして、何と言ってもリーズナブルであることが大事かと思います。幼児は成長が早いので、同じ服を着られる時期はすぐに過ぎてしまいます。買ったらどんどん着せて活用しないともったいないです。あまり高価なものを買っても、すぐに着られなくなってしまうし、汚したり破いたりもしやすいので、安くていいものを探すようにした方がいいです。

もちろん、ただ安ければいいというわけでもなくて、似合うもの、可愛いデザインのもの、そして素材がしっかりしているものなどを選ぶようにしました。あと、親類とか友人からたくさん古着を回してもらいました。ほとんど着ないうちに子供さんが成長してしまって、新品同様の服などもあって、ありがたかったです。もちろん、こちらも古着を他の年下のお子さんのいるところに回したりして、うまくリサイクルしていました。
子供も大きくなってくると、特に女の子だと、自分の好みが出てきたりします。だから、リーズナブルなお店で、自分で好きなものを選ばせたりもしました。できるだけ安くても可愛くてその子に似合う、そしてその子が気にいってくれるような服を選ぶようにするといいですよね。