歩き出すととにかく服が傷むのが悩みの種でした。
自分で滑り台に登れるようになると、もうエンドレスで階段を上って、滑り下りて…。お尻の部分はもちろん、膝や裾の部分もあっというまにすり切れてしまいます。
お裁縫が得意なお母さんならリメイクなど出来るのでしょうけど、裁縫嫌いな私はもっぱらお尻が破けても重ね履きでのりきりました!細身の長ズボンやレギンス+ショートパンツでレイヤードに。

『レイヤード風○○』という商品が売っていますが、自分で組み合わせた方が破けたときに着回せて便利!選ぶコツは長袖シャツ・長ズボンは細身で、半袖シャツ・ショートパンツはゆったりめで。組み合わせで雰囲気も変わりますし、何よりオシャレに見えます。男の子に柄物のレギンス+落ち着いた色味のショートパンツを着せるのが私のお気に入りです。

もう一つ、冬は防寒対策に帽子を着せたいのだけどどうしても嫌がったり、すぐに無くしたりするので、フード付きのジャケットは必ず2着は用意しています。帽子は嫌がっても、ジャケットのフードは大丈夫って子どもは多いのではないでしょうか?単品の帽子と違い、首元もあったかなのも良い点かと思います。寒い季節は暗くなるのも早いので、ジャケットの色は明るい色を選ぶ方が安全だと思います。

私の服の選び方。

我が家には4歳の男の子と、2歳の女の子がいるんですが服を選ぶ際には必ずといっても良いほど伸びる生地を選ぶようにしています。小さい子は特になんですが着せたり脱がせたりするのが大変ですし、オムツをしてることから伸びない生地だときつかったり着れなかったりする事があります。大体伸縮性のあるものは生地の肌触りが良いものが多いように思います。

冬服は裏起毛がついている暖かいものが売ってるのが多いのですがそれは選ばず、薄手の物をなるべく選ぶようにしています。大人より1枚薄手で大丈夫と聞いてからなのと、体温調節は上着ですれば良いと思っているからです。体温調節しやすく動きやすい服が一番だと思います。
柄に関しては男女兼用で着れるようにポップな物を選んでます。地味な色より発色が綺麗な方が自分の子供を追う時分かりやすいというのもあるからです。

贈り物として子供服を選ぶときは肌触りとタグの位置が直接肌に触れるようなところについてないか確認するようにしています。子供の肌はデリケートなのでそこだけはきにするようにしています。我が家には4歳の男の子と、2歳の女の子がいるんですが服を選ぶ際には必ずといっても良いほど伸びる生地を選ぶようにしています。小さい子は特になんですが着せたり脱がせたりするのが大変ですし、オムツをしてることから伸びない生地だときつかったり着れなかったりする事があります。大体伸縮性のあるものは生地の肌触りが良いものが多いように思います。

冬服は裏起毛がついている暖かいものが売ってるのが多いのですがそれは選ばず、薄手の物をなるべく選ぶようにしています。大人より1枚薄手で大丈夫と聞いてからなのと、体温調節は上着ですれば良いと思っているからです。体温調節しやすく動きやすい服が一番だと思います。
柄に関しては男女兼用で着れるようにポップな物を選んでます。地味な色より発色が綺麗な方が自分の子供を追う時分かりやすいというのもあるからです。

贈り物として子供服を選ぶときは肌触りとタグの位置が直接肌に触れるようなところについてないか確認するようにしています。子供の肌はデリケートなのでそこだけはきにするようにしています。やはりそこを気にするママさん方も多いようで貰っても肌に合わないのでと着れなかったりすることもあるようで、この選び方をして渡したママさん方には喜ばれました。あとあまり逢わない方の子供さんに贈るのは絶対オオガニックのものです。服に関して気にしない方でもオオガニックの物は喜ばれますし、重宝されます。