幼児の服には可愛らしさだけでなく機能性を求めたいですね。洗濯に耐える素材と縫製。干したら型崩れしたりよれるTシャツなどというのも困りもの。あまりチープだとそのようなトラブルがおこりがちです。ある程度の出費は保険料のつもりで考えてはどうでしょう。ワゴンセールも上手く利用すれば良い物に出会えますがプロパー商品を選択したほうが間違いが少ないでしょう。

デザインは見た目重視をちょっと脇に置いて冷静に判断しましょう。お子さんに似合う、イメージとあまりかけはなれないものがお勧めです。たいして着る時期がないなら似合う物を着せてあげて写真に残してあげるのがあとあと見返しても納得がいくと思います。

デザインのもうひとつの大事な要素ですが、からだの動きを邪魔しない物を選んでください。大人が見て可愛いなと思った服が実際お子さんが着てみたら窮屈で嫌がってちっとも着てくれない、ということもままあります。袖付けがきつい、足の付け根がきつい、ひきつる、なんてこともあります。お子さんがその服を着た時にどういう動き方をするのかよくイメージをふくらませてみてください。

こどもは大人が考え付かないような恰好をするものです。試着って大事かも知れませんが出来ないことが多いですね。少し大き目サイズを選んで親御さんが後で要所要所を簡単に縫い縮めて窮屈になったら糸をほどいてあげてください。そうすると古く見えて見栄えが良くないと思ったらあまり長く着るよりはジャストサイズで着せてあげる、小さくなったらいい思い出を残してフリマで新しいご主人をさがしてください。服もきっと喜びます。

「子どもに喜んで着てもらえるものを」

子どもというものは、気に入ったものばかりを着たがる。
大人のようにあれもこれも着ようではなく、毎日同じでも良いらしい。
洗濯が終わっていれば、また選ぶ。
着ていない服の事はおかまいなし。
そこで、基準は「毎日選んでもらえる服」なのだ。
我が子に照らし合わせてみると、その基準は
(1)素材
(2)サイズ
(3)色柄
のようである。

まず、(1)の素材だが、チクチクしたり、堅くてごわごわするようなものは嫌いである。
そこで、できるだけ綿を多く含み、ストレッチがきくものを選ぶようにした。
本人を連れていければ、実際に着せてみるといい。
何が気に入らないのかはわからないが、「これはちがう」と言ったりする。

次に(2)のサイズである。
身長や体重を基準にサイズが決められているが、これだけを参考にすると痛い目をみる。
残念ながら、我が子は身長のわりにリーチが短い。
つまり、身長に合わせてしまうと腕だけだらだらと長くなってしまうのだ。
会社によって規格がちがうのか、中には良い物もある。
やはり、本人が同伴できると選びやすい。

最後に(3)の色柄。
好みは偏りがあるため、なかなか違ったタイプを選んではくれず、いつも同じような服になってしまう。
それならせめて、と色々なブランドの物で柄のタッチが変わるように気を付けた。
また、我が子は、服にポケットが付いたトップスが苦手である。
大人にはさして変わりなさそうだが、子供には大問題のようである。

これを完全にクリアした服が、毎日の服となっていく。