私が、幼児の服を買う際に気おつけている事は、意外と成長が、速いので試着出来る物はさせたり、少しゆとりがある物を買う様にします。
袖口やズボンは、広がっていると、何かに引っかけてゲガをしないように、出来るだけすそがゴムで、すぼまっている物を、選びます。女の子でも子供は、すぐ汚してしまうので、(ピンクでも)色の濃い物を買います。

靴下は、ゲガをしない様に、裏に「滑り止めシール」が張ってある物を選び様に、心がけでいます。先ほども、いいましたが、成長が速いので、綺麗な物ならリサイクルショップを良く利用しています。どの様な服も、着心地や、動きやすさを重視しているので、子供が、着て違和感を 感じているようすなら、その服は、買いません。

子供の肌は、大人以上に敏感なので、肌触りなどを確かめ、「ポリエステル」が多い物は、痒みを、感じたり、毛玉が良く出来るので選ばない様に、しています。私は、子供に可愛い感じの服を着せたいのですが、今は、どこのお店もシンプルな物が、非常に多く感じがします。勝手な私の意見ですが、子供だからこそ着られる可愛いフリルなどの服が、もう少しあっても良いような気がします。

この様に、私なりに、気をつけ買っています。

それでも親子でお揃いは、やはり憧れ

お揃いの服が欲しい

お揃いの服を着るのは夢でした。
親子でお揃い、姉弟でお揃い、いろいろやりたいと思っていました。

でも子どもの頃から、お揃いへの憧れと同時に、お揃いじゃなくなったときの寂しい気持ちがどうしても拭えず、
ともだち同士でお揃いの物を持ちたいと思ってもどちらかのものが壊れたりなくなったりしたら、その時すごく悲しいと思って、持てなかったりしていました。

それでも親子でお揃いは、やはり憧れ。
パパと息子でお揃いのTシャツを購入したり、娘と私でお揃いのワンピースを買ったり、何度かチャレンジしました。

結果、
その時は嬉しかったです。お父さんと息子が同じデザインの服を着ているのはまさに親子!っ感じで、「これこれ!」という満足感。
さて、娘と私については
…。
問題外でした。
娘が着たがらない。
「これイヤー着ないー」
断固拒否。
結局私一人着ている状態。娘の分として買った服は、同い年の姪っ子に渡りました。
姪っ子とお揃いでも良いのですけど、やっぱり我が娘とお揃いしたかったなーって思います。

数年経ち、今でもパパはそのTシャツを着ています。息子は、当たり前ですが成長して服が入らなくなりました。
結局パパも一人で着ることになって、
やっぱりお揃いの結末は淋しいものです。

でもその一瞬一瞬はすごく嬉しい、キラキラしてる感じがします。大切な思い出のひとつになるので、
お揃い考えてる方はやってみても良いかなーって思います。

大阪府吹田市にオープンしたオーガニックベビー服にこだわる お母様のためのお店「グランマ」では親子お揃いの服も揃っています。
姉妹でペア、お友達同志でのペアもすごく可愛いです。
ただ、問題なのは子どもたちの肌の質。
お揃いをしたくても、お友達の子は肌が丈夫で肌荒れば大丈夫だけど、我が子は生地の素材で肌荒れを起こしやすい、アレルギーがあるという場合も存在します。
しかし、グランマの服は綿素材で肌にやさしい服ばかりで、本当に助かります。
お揃いなんて、小さい時期しかしてくれません。今でこその特権、是非活用してみたいですよね!