わたしの子供の服の選び方はとにかくデザイン重視です。
自分好みのデザインで、綿100%であることです。
デザインは今風のものが好きです。
キャラもの(特にキティーちゃん)があればそちらを優先して購入するようにしています。
わたしがキティーちゃんが大大大好きなので(笑)

とにかくピンときたデザインがあれば大体買ってしまいます。
綿100%の理由は子供が乾燥肌で、レーヨンなどの化学繊維を使った衣類を着るとすぐ肌が白くカサカサしてしまうので。
あとは値段もやはり気にします。
少し高いと感じるものはいったん持ち帰って真剣に購入を検討します。
裕福な家庭ではないので…(笑)

知人のお子さんのプレゼントに喜ばれた衣類は、普段着で使うにはもったいないようなブランドの服でした。
子供ってすぐ大きくなるので、毎回毎回かわいいブランドの服なんて買ってられませんよね。
なので何かの時にプレゼントとして渡したら、ものすごく喜んでいただけました。
あとくまとかねことか、かわいらしい帽子もよろこばれました!

逆に靴はあまりもらってうれしくなかったです。
やっぱり足の形とか、気にしてはかせてあげたいので…
子供の足にあった靴をしっかり選んで購入したいですね

私は普段から特にオーガニック素材というのを意識せずに服を買っています。
でも、時々どうしても「綿」100%もしくは何割か入っているものを選んで買う時があります。

たいていは冬ですが、化繊の服では時々ストレスが溜まる時があるのです。
熟睡できなかったり、肌が荒れたりするときは、やはり綿のものやなるべくそれに近いものを体が欲するのです。
そういう時は思い切って普通の綿の白いものなどではなく生成りのものを買うことが多いです。草木染めまではまだ踏み込む事ができません。

でも確かにそういうときはオーガニックのものを専門に売っているお店に行きます。
シャツやラフなゴムなどのショートパンツなど、主に室内着です。そういうものを着ると確かに楽で、熟睡できますし、肌の調子も良くなります。
でもやはりオーガニックの服は割高ですし、選択などもデリケートにしなければならないので、日頃家事と仕事に追われている身としてはやはり服を全てオーガニックにしたりは出来ません。

私はデザインはかなりシンプルなものを選びますが、それでもオーガニックのゆったりしたものではなくもう少しカチッとしているのでそのせいもあります。
ただ、これから年齢を重ねればもっと化繊の服のダメージを受ける割合は高くなっていくでしょうから、オーガニック素材の服へ少しずつシフトしていくのだろうなと思っています。