私が幼児の服を選ぶ時に一番重要視するポイントは、なんといっても丈夫さです。小さな子供は、それはそれは服を汚します。おしっこを漏らしたり、お茶をこぼしたり、外で遊んで泥だらけにしたり。食事の度に着替えるなんて事も多々あります。とにかく子供の服は洗濯の繰り返し。なので洗濯ですぐに毛玉が出来たり、生地がへたってしまうような服はコストパフォーマンスが悪いです。

そしてやはり値段も大切ですよね。高い服はやはりいいものが多いです。が、いくら丈夫とはいえ数万円もする服にシミなんてつけられたら大変です。もちろん、お出かけやちょっとオシャレしたい時用に数着はいいものを、と思うのですが、そういう服は大事に数回着せてサイズアウトしてしまう事が多かったりするんですよね。

安くて丈夫、欲を言えばデザインが可愛いもの!子供の服を買う時はこれを頭に入れて選んでいます。

それでもやはり、高い服には可愛いデザインのものが多くてつい欲しくなってしまいます。

そんな時私はネットオークションを利用しています。中古でもものがいいので状態がよく、高くて手が出ないブランドが数百円で手に入るのでオススメです。そして着なくなったらまた売る。私はこれらを駆使して子供服を購入しています。

姉妹の服を選ぶときによく考えることがあります。

お姉ちゃんの服はいずれお下がりになるから妹とお揃いにしてしまうと妹は長ーーーくその服と付き合うことになってしまう!

すごく気に入ったデザインのものであればあえてお揃いにして長くその服を楽しむこともあります。子どもたちも気に入った服は長く着たがるのでお姉ちゃんは妹を羨むこともあります。

「とっても気に入ってたのにもう着られなくて妹ちゃんの服になっちゃう〜!」と悲しがって泣いたこともありました。

しかし妹側からしたら姉のために選んだ服、しかも新品でないものがお下がりとしてくるのです。
だから妹だけに服を選ぶときはなるべく本人も一緒にお店に出向いて選ばせるようにしています。
自分はどんな色のどんなものが好きなのか?そういうことを知るのも楽しいことだと知ってもらいたいです。

また、お姉ちゃんも思わなかったところからお下がりをいただくことがあるのですが、それはそれはとても嬉しそうです。親はついつい新品できれいな服を与えてあげたい!なんて思うけれど子どもにとってはそういうことではないなにか大切な想いがきちんとあるのだなぁと思います。

お揃いでかわいかった時期はあっという間に終わってしまうので、今となっては長く同じデザインの服とお付き合いしていたのも良い思い出かな、とも思います。