子供服を選ぶときのポイント
子供服を選ぶとき、かわいいかどうかも重要なポイントだと思いますが、私が一番気をつけている事は、動きやすいか?という事です。子供は活発に動きます。元気に遊ぶのが子供の本分ですから、伸縮性があって、肌に優しく、着心地が良いのが大切ですね。

ハイネックなどは、首回りがきつくないかチェックします。意外と首回りが苦しいと嫌がる子供も多いです。また、あまりスリムなデザインだと脱ぎ着がしにくいです。
ボタンも要注意です。ボタンが小さくて固くて留めにくいと、いくら可愛いブランド物の服でもお蔵入りになるのは決定的です。

パンツも伸縮性のあるものがいいです。子供服なのに本格的なジーンズなんか買ってしまうと、生地が固くて嫌がられてしまいます。また、ブランド物のパンツなどはボタンでゴムの長さを調節できるのもありますが、意外と使いにくいです。普通の総ゴムが無難だと思います。このゴムも注意する点があります。ゴムが緩くなることもあるので、取り替えが出来るかどうかもチェックポイントです。たまに、ボタンなどの装飾でゴムの取り替えができないものや、ゴムの取り替え口がないパンツもあるからです。
おしゃれなワークパンツ風のものには、工具を引っ掛ける紐がデザインでついていますが、遊んでいるときに何かに引っかかりやすくて危ないです。子供服には、危険な装飾は必要ないです。

私は現在、二人の娘8歳と2歳がおります。服選びでは上の子の服を下の子に回せることも考慮して選んでいます。お揃いを買うときは柄違いや色違いで全く同じにならないようにしています。後は英語など文字が書かれている服を選ばないようにしています。

自分の服選びでもそうですが、文法が間違っている文がプリントされていることが多いので見る人が見ると恥ずかしいことになりかねません。あと低学年まではボトムスはウエストゴムでトイレに行く時手間取らないものを選んでいます。
その他、汚すのは前提で洗濯機でガンガン洗えるものであるというのは絶対条件です。かわいくて安い外国製品もありますが、やはり日本のものが日本人の体型にあっている気がします。

色味デザインもできるだけシンプルなデザインで上下組み合わせが自在なものがいいかと思います。それをクリアしてオーガニックコットンなどでお手軽なものがあれば一番いいとおもいます。はやりのキャラクーのプリントは翌年には着なくなるので絶対かいません。

子供にせがまれたら靴したくらいにとどめてがまんしてもらいます。あとはクリアランスやフリーマーケットを利用して100円以下であれば買ってあげます。