子供の洋服は可愛いものがたくさんあります。見ているだけでどれもこれも欲しくなってしまうという印象です。特に女の子の洋服はスカートやワンピース、大人顔負けのおしゃれな洋服がたくさんあります。

そういうものを着せたい!と思うこともありますが、幼児の洋服は基本的に動きやすいことと着ていて快適かどうか、危険なことはないかということを重視しています。女の子でも外で遊ぶ時には動きやすく、転んでしまっても膝をすりむいたりする怪我の度合いが軽減されるようにズボンを履かせます。デニムパンツも良いですがストレッチのきいた動きやすいものがおすすめです。

寒い季節になると防寒を考えてついつい重ね着になっていきますが、子供の体温調節能力の発達のためにもできるだけ薄着で動きやすい格好で過ごさせるようにしています。遊んでいるときには子供はたくさん体を動かしていますので、少し寒いかなという時期であれば自分で動いて体を温めます。

よく肌着を着ない人がいますが、肌着には重要な役割があるのです。
汗や皮脂を吸い取って肌の状態を守り、服と体の間の温度を調節しています。
夏季は特に汗もよく出るきせつですので、よく動く子供であれば尚更体温調節しやすい服を着せる必要があります。
日に日に成長していく幼児、小学生時に共通した事はよく動く事!
特に男の子は活発です。
汗も一杯かくから何回も洗濯するし、着る頻度も上着に比べたら断然多い為にヨレヨレになったりもします。
下着に関しては肌に優しい良い物を着用させてあげたいです。
よく汗を吸い取り肌触りの良い服といえば断然オーガニック素材のもの。
オーガニック素材の服を扱っているお店を探し、吹田市にあるオーガニックベビー服専門店グランマへたどり着きました。
体にやさしい自然素材のものばかりを取り扱っていて安心して着せる事ができます。

また、デザインで紐やフードが付いているものは、うっかり何かに引っかかってしまう恐れや、友達が引っ張るなどしてしまい転ぶ恐れもあり危険です。まだ幼児では危険の判断が難しい時期なので親が危険なデザインとなっているものは排除する必要があります。

四男の母なので服選びは値段と丈夫さのバランスで選びます。
 トップスはある程度お金がかかっても、スポーツブランドなど丈夫なものを買えばかなりもちます。幼稚園などの着替え袋用に枚数が必要なときは、安いものを買い足すこともあります。
 西松屋とか安いのはホントにあっとゆー間に生地がへたってしまい、残念なな感じになってしまうし、子どもには1つのものを大切にする気持ちが育ってほしいなと思うので、安いの買ってダメになったらすぐポイッとすればいいや。というふうには思ってほしくないなと思っています。
 ズボンはいいものを買ってもすぐに膝に穴があいてしまうため、できるだけ丈夫な生地のものを愛用しています。
 安すぎるズボンはゴムの入れ替えができないためゴムが切れたらもう終わりになってしまいます。
 半ズボンはある程度のものを買えばかなり使えます。
 
 どの服でもそうですが、できるだけ濃い色を選んで汚れが目立たないようにしたり、袖口など時々石けんで手洗いして洗濯機では落ちない汚れも落として、できるだけ長く、大切に着られるようにしています。