子どもが小さい頃、今もそうですが素材には気を付けています。
とはいうものの、オーガニックなどの高価なものを日常に着せる為には買えないので綿100%を選んでいます。普段着とお出掛け着を分けて購入し普段着は外で砂遊びや室内でクレヨンなど、

なにをして汚しても怒らずに「いっぱい遊んだね」と子どもに微笑むことができるように安価なものを多めに用意していました。周りのお子さんでは、白いものや無地にものなどで今日の服は汚したら怒られるからと言うことをたまに耳にしましたが、そのようなことがないように気を付けていました。

反対にお出掛け着は少しお洒落なものを選んでいたので、食事の時などは汚さないように気を付けてましたが。
もう1つ気を付けていたのは、ズボンは膝が隠れる丈のものを選んでいました。
夏場でも膝下のもの、または七分丈くらいのスパッツを必ず履かせていました。

小さい子どもは、よく転ぶので自由に遊ばせてあげられるようにズボンやスパッツの丈は気を付けて選んでいました。他には、今問題になっているようですが後ろにリボンや紐などがついたデザインのものが危ないというニュースを最近拝見しましたが、普段の遊び着にはそのような飾りはついていないものを選んでいました。

動きやすく、肌に優しい、汚しても大丈夫、転んでも大きなケガはしないこの4点を重視して幼児の服を選んでいました。
大阪府吹田市に新しくオープンしたグランマはオーガニックベビー服の品揃えがよく、赤ちゃんの肌に優しく動きやすい綿素材のベビー服を見る事ができます。
湿疹でむずがったり、痒そうな姿を見るのはやはり子供ももちろんママとしても辛いものです。
また、綿素材は柔軟で触り心地も良く、成長期の活発な子供にも安心して着用させることができます。

初めてのお子さんであったりするとお金に糸目を付けず、つい高価なものを買ってしまいがちです。
しかし、2年着れたらいい方で、たいていは1年もしたら着れなくなってしまいます。

でも、気に入ってどうしてもかわいいわが子に着せてやりたいと思って買ったものであれば、着れなくなったからといって処分してしまうのは残念なことでしょう。

リサイクルや知人にあげるという手段もありますが、どうしても手放したくない場合、少し大き目のぬいぐるみを買ってきてそれに着せてやるというのはどうでしょうか。
もちろん、子供の等身大でなくてもいいのですが、思い出にもなり、良い方法ではないかと思います。
これは着れなくなってしまってからのことであり、出来る限り長く着れるものを選ぶのが一番なのです。
意外と長く着れるのはズボンやスカートです。
幼児のウエストは成長に比べて急激に太くならないので、割と長い間着られます。
ゴムウエストでゴムの入れ替えができる作りになっているものがお薦めです。
子供服だとウエストゴムが生地に縫い付けられてしまっているものも少なくありません。
ゴムの入れ替えをすれば案外長持ちするので、購入する際にはそういうところもチェックするポイントです。