子供の服を選ぶときはなんと言ってもデザインと肌触りを重視します。
ダサい服を着せると周りからセンスが悪いと思われるので、肌触りが良くかわいいをモットーに洋服選びをします。
西松屋やバースデーなど安い店舗だと安いからダサい、品が良くないなどのイメージがあったので、
最近では「グランマ」というオーガニックベビー服を扱うお店をよく利用しています。

スパッツや中に着るシャツなど、人にあまり見えないものはこういうところで安く、たくさん買います。目立つスカートやスボン、上着やコートなどはとくに「グランマ」を利用します。セールの時などをうまく活用して買っています。シーズンオフのものはさらに安いので、先のサイズのものを買います。これであまりお金をかけず、かつおしゃれにできて子供は喜びます。最近はインターネットで安く洋服もあるのでそういったものを利用する方もいると思います。

私はどうしても自分の目で見たいので利用していませんが、買いにいく手間もないので気にならない方にはおすすめです。私には二人の娘がいますが、小さいときのセンスは一生のセンスにに関わってくると勝手に思っていますので、貧乏だからと安さだけのものを着させるのではなくて、安くてかわいいのをモットーにしてあげています。

着用する場によって選ぶポイントが異なります

私が幼児の服を選ぶ時、着用する場によって選ぶポイントが異なります。お出かけ着を選ぶときはまずは自分の好みの柄、形から入りました。自分の子供に着せる服ですのでお気に入りを選べば着替えをさせるのも楽しいですし、ちょっとした汚れもすぐ落とそうという気になります。

着ている子供を見かけた人からかわいいね、と声をかけられるとうれしくなります。次に普段着を選ぶときは上着なら手を動かした時につっぱったりして動きずらくないか。手を洗う時に腕をまくりあげにくくないか。ズボンはおなかぽっこりの体型でしたのでゴム仕様ではかせずらくないかが大きなポイントでした。これを満たしていてなおかつ好きな柄、お値段も手ごろだといい買い物をした!と心の中でガッツポーズをとってしまいます。

次に保育園用ですが、これは値段が安い、汚れても気にならない、動きやすいにつきると思います。保育園ではのびのび遊ばせてもらえるので汚れなんか気にしていられません。汚れたとしても先生方も落としてくれるわけではありません。

それなら汚れがついてても気にせず「今日もいっぱい遊んだね」と喜べるような服を選んでいました。洗濯で落ちなくてもまた保育園で汚してきますし、あまりにひどい汚れの時は捨てても使い切った!と達成感が残ります。以上が私の幼児服を選ぶポイントです。