幼児の服を選ぶ基準としては、自分は機能性と安全性を最優先にして選びます。何故なら、幼児には派手なデザインで着飾る必要性は皆無だし、華美な服装をさせるのは親のエゴでしかないからです。

華美な服というのは、非常にきらびやかで目立ちますし、個性的なので、他のお子さんと差別化を図りたい親御さんには良いでしょうが、実はそういう服は、必要のない装飾が施されていることが多いんです。

例えば、ひも状の装飾。パーカーなら分かりますが、フードもないような服に、あちこちにヒモがぶら下がっている服はよく見かけます。デザイン的にはアクセントにもなるし良いと思います。ですが、そういうヒモ状のものが思わぬ事故を招くケースもまた少なくないんです。なにせ幼児ですから。

また、派手さに重点を置くあまり、機能性に欠けた衣服もあります。幼児は動き回ります。当然汗もかきます。そんな時に、動きにくい服、汗を吸収してくれない服を着ていたら、これまた事故の元になります。

幼児の衣服はシンプルイズベストです。汚したり破いたりするのは当たり前で、華美な服装は幼児には不要なんです。子を着飾りたい気持ちは、親なら当たり前だと思いますが、やはり子供のことを考えて、衣服は選びたいですね。

子供は遊ぶのが仕事!だから遊びの邪魔にならない服を選びます

息子はとにかく小さい時からじっとしていられないタイプでした。出かけ先でも走り回ったり、何もない広場でもぐるぐる走り回るような子です。ですので、動きやすい服、というのが購入する時の大きなポイントになります。
例えば、伸縮性があるものです。特に肩や膝の部分の伸縮性がないと、かなり動きづらいものです。ですのでシャツタイプのものは普段からあまり着せることがありませんでした。シャツは、暑くなった時などに腕まくりしにくいというのも子どもにとって気に入らなかったようです。
他にも、柔らかめの生地のものを選んでいました。デニムのようなゴワゴワする固い生地や、分厚い生地は、伸縮性という点でも共通しますが重くて体を動かしづらいようです。
少々ゆったりしたサイズの服を本人が好んで着ていたのも、そういった理由があると思います。Tシャツは、ピッタリしているものは着にくいというのもありますが肩辺りが動かしづらいのもあるようでした。だらしなく見えない程度にゆったりした作りのものを選んで購入していました。冬場の上着も同じように、軽くて少々大きめのサイズを購入していました。
どんどん成長する時期なので、子どもの遊びを妨げないような服を選んであげたいと思っています。