幼児の服を選ぶときに一番重要だと思うことは、「子供はすぐに成長する」という事実です。
 特にセールの時期を狙って、いいものを安く手に入れたいときは、子供の身長や体型をしっかりイメージしないと、大変なことになります。セールは季節の終わりに行われるので、今年買った服は、おもに来年に回すことが多くなるからです。今ワンサイズ大きい服を買っても大きすぎるかも、と思うような時でも、来年のために大きめを買っておかないと、次の年には大きくなってしまって、せっかく買った服がほとんど着られなかったということもありえます。

 同じことは、服のデザインにも言えると思います。今年流行っているデザインが来年には流行っていなくて、子供が嫌がることもあるし、急に大人っぽく成長したので、子供っぽいかわいらしい服は似合わなくなったということもあります。
 また、幼稚園または保育園に通わずに家にいるのか、幼稚園または保育園に通っているのか、制服はあるのか、小学生になったのか、によっても、洋服の選び方は変わってくると思います。幼稚園や保育園だと、遊び着として使うので、スカートよりはズボンだったり、オシャレなデザインよりは汚れてもいいようなデザインの服がメインになることが多いと思います。

幼児になると、大人も負けてしまうくらい活発に遊びまわるようになります。
そんな時期の洋服選びで私が気をつけていることをいくつか挙げていきます。
・できるだけフードが無いもの(あっても紐の無いもの)
これは事故防止のためです。遊具に引っかかって首が絞まった、乗り物に巻きついた。などの危険な事例が存在します。
子供のフードのある洋服はとっても可愛いのですが、安全が第一ですので外遊びの時は他の服を選ぶ、なるべく買わないなど気をつける必要があります。

・ボタンよりスナップやチャックで着脱するものを、ボタンの場合は大きめのものを選ぶ
これも、事故防止と、自分で脱ぎ着する練習がしやすいからです。
子供はなんでも口に入れます。自分の服をかじっているうちにボタンを飲み込んでしまうなんて危険も・・・
大きなボタンなら危険も少なくなりますし、扱いやすいので手で持って脱いだり着たりできます。

・服の色は薄めよりも濃いものを
これは親の趣味もありますが、とにかく服を汚すのが子供の仕事ですので、白や薄い色合いのものだと汚れがとても目立ちます。
気にしないおおらかなお母さんならよいのですが、自分は気になってしまうので、最初から目立たない洋服を選ぶことにしています。

・汗を吸い取りやすく綿素材を多く使用しているもの
特に幼児期になると動きも活発になってきます。
よく遊ぶ分よく汗をかきます。時には冬でも汗ばんでいるということもあるほどです。ジャンパーなどを着ていたら尚更蒸れやすくなります。
下着は汗を吸い取り、肌を清潔に保つ役割があります。服でも下着でも清潔な肌を保てるように綿素材を買うようにこころがけています。
お勧めのお店としては、天然素材のオーガニックベビー服を多数取り扱っているグランマというお店があります。
シンプルなものや可愛いもの色々取り揃えています。
汚しても大丈夫なように洗濯もしやすい素材を選ぶ事も大切だと思います。