私には現在1歳10ヶ月の娘がいるのですが、娘の洋服を選ぶ際に気をつけている事が3つあります。
まず1つ目は、洗濯機で洗えるかどうか。
外遊びやクレヨン等を使ってのお絵かき、そして食事の際の食べこぼし等で子どもの洋服はすぐに汚れてしまうので、洗濯機でガンガン洗っても良いような洋服を選ぶようにしています。
そして、2つ目は着せやすいかどうか。

まだ、1歳の子どもは自分で着替える事が出来ないので毎日大人が着替えさせてあげないといけません。
そんな時に着せにくい服だと子どもも窮屈ですし、大人もイライラしてしまいます。
また、毎日子どもの着替えを手伝っているママが急用等で着替えさせる事が出来なくて、パパやおじいちゃん・おばあちゃんに子どもの着替えを頼む時に着せやすい服でないといけません。

最後に3つ目は最も重要視している肌触り。
上記に書いた「洗濯機で洗えるかどうか」「着せやすいかどうか」をクリアしていても、肌触りが良くなかったら洋服選びの候補から外します。
上記の2つの条件は大人目線の条件ですが、一番大切なのは子ども目線の条件です。
肌触りが悪くて着ている子どもが不快な思いをするような洋服ではいけません。

なので、子どもの洋服は必ず肌触りが良いかどうかを触って確かめてから購入します。
以上が私の「子どもの洋服を選ぶ際に気をつけている事」です。

幼児の服選びは着脱のしやすさと動きやすさを重視して

ついこないだまで赤ちゃんだったのに、出来ることがいつのまにか増えて動きも大きくなる幼児の服選び。
そんな幼児期の洋服に私が重視するのは、着脱のしやすさと動きやすさです。

段々と自分でやりたいという気持ちの芽生えが出てくるので、その芽を大切にしたいですよね。
着脱しやすい服装として、Tシャツやトレーナーなどは首周りに余裕のあるものや伸びの良いもの。小さいうちはお手伝い前提で肩にボタンがついているものなども良いと思います。
ズボンは初めはウエストがゴムで伸びの良すぎないもの。伸びが良いと足が途中で引っ掛かっちゃうんです。成長と共にボタンやチャックつきにステップアップすると良いと思います。

そして、日々活発になる子どもたち。
動きやすさの面から考えると、上下共にかたすぎない生地であることが大切だと思います。厚いデニム生地などの動きにくさは想像しやすいですよね。
そして意外と選びがちなんですがフードのついたもの、これは結構引っ掛かったりして危険なんです。公園の遊具に引っ掛かったりして。かわいいので私も時々購入しますが、頭の片隅に入れておくと良いかなと思います。
たくさん動いて遊んで汚すので洗濯に強く色も汚れの目立ちにくいものも用意しておくと、ハラハラしないでドーンとした気持ちで見守っていられますね。

行事などの特別な日の服装はお洒落もして生地選びからまた変わってくると思いますが、デイリーづかいの洋服選びとしてはこんなところだと思います。
お出かけ用などとなれば洗濯できないような生地を使用している場合が多いですが、日常使いであればオーガニックコットン素材の服がやはり多いです。
洗濯しても弾力性が有り、肌触りが良いです。オーガニックベビー服のお店「グランマ」で取り扱っている服は流石オーガニック専門だけあり、厳選された良い物を使用しています。
安物を購入してヨレヨレになり、また買う必要が出てくるよりも、洗濯に強く良い素材のものを長く着用出来る方が断然お得ではないでしょうか。

元保育士、二児の母の幼児の服選びのポイントでした。