私服着用の学校に通っています。学校で勉強するのにふさわしいデザインなどと決まりがあるので、ドクロやピストルなどといったデザインのものは外して洋服を選んでいます。しかし、男の子用の服には、こういった種類のデザインがとても多く、学校へ来ていくものとして購入するのであれば種類が限定されてしまいます。また、できるだけ長い期間で洋服を着用してもらった方が経済的には安心です。

そのため、少し大きいサイズを購入し、活動量の多い男の子でも大丈夫なように薄手の生地ではなく厚手の生地の洋服を選びます。薄手の素材のものだと、運動場で遊んでいて転んだだけでも、膝に穴があいてしまうときがあるからです。また、厚手の生地のものは、生地が二重になっていたりするものもあり寒い冬の登校時など温かくて助かっています。

フードが付いてるパーカーなどを子どもがほしがりますが、主に学校に着ていくものとして購入しているので、フード付きのものを選ぶことは少ないです。なぜなら、遊具などにフードがひっかかってしまい怪我をする恐れがあるからです。気に入った洋服にフードが付いてしまっていたら、取り外しができるかどうかをまず確認します。フード部分が取り外せるのであれば、親と子の両方の希望を取り入れているので、必然的に選ぶ可能性が増えてきます。
しかし親の意見だけではなく子ども自身が着ていく服なので、子どもが気に入ることが一番大切だと思います。

たくさんある子ども服を選ぶときには、私は、洋服のサイズとデザイン、そして素材に気をつけています。
サイズですが、最初に子どもに合うサイズのものをチェックします。子ども一人ひとりによって個人差はありますが、月年齢によって大体のサイズの目安があります。赤ちゃんなど乳児に着せる場合は、子どもにピッタリのものを選んだほうが良いと思います。多少成長とともに体が大きくなってきますが、服が大きすぎると腕が袖から抜けやすくなってしまったり、服の中に足がすっぽり隠れてしてしまいます。きちんと服の中に体が収まることによって、外気に触れる時間も少なくなり、体温も一定を保ちやすくなります。

就学前の幼児の服を選ぶときには、乳児とは違い多少大きいサイズのものを選んでも大丈夫だと思います。子どもの成長は早いもので、すぐに着ることができなくなってしまう場合があります。数回着せただけでサイズアウトしてしまったということは、多くの人が経験したことがあると思います。少し大きめのサイズのものを購入して着用する場合、袖が長いなどする場合は、子どもに合わせて袖をおって長さを調整してみたり、ウエスト部分が大きければ、ベルトを活用することで難なく着用できます。今は便利なゴムベルトなどがあるので、少し大きめのサイズの洋服を購入しても長く着させることができるので助かっています。