幼児はとにかくよく動くので動きやすい服を着せてあげたいと思います。
素材は柔らかく動きやすいもの。汗をよく吸うものなどが便利でした。
自分で歩いたり、ご飯を食べるようになってくるととにかく汚すので、着替えもたくさん必要になってきます。真冬でもセーターなどはあまり着せたりしませんでした。セーターは子供もチクチクして嫌がる場合もありますが、なによりジュースなどをこぼす可能性のある小さな子供にセーターを着せるのは大変です。

冬といっても室内は暖房が効いていて暑いところも多いので、中には薄い長袖シャツなどを着せて上に温かいものを重ね着させてあげて、いつでも脱げるようにしておきます。それができなければ着替えに薄手のものを持ちあるくなどしたほうがいいと思います。子供は大人以上に暑がりで汗もかくので、大人が少し寒いと感じるくらいは平気そうでした。
肌着はロンパースで股下にボタンがついているものを着せました。動き回ってお腹が出てしまうのでボタンはあったほうがいいです。
夏はとにかく汗をかくので着替えは必要です。汗をかいたままの服をそのまま着せておくと汗もになったりしました。
あとは夏の暑い時期でもズボンはひざが隠れるくらいのものが便利です。よく転ぶので、ひざをすりむかないようにするためです。
可愛い服も着せてあげたいですが、とくに男の子は動きやすさ重視で選んだほうが親も子供も楽でいいです。

3歳と1歳の女児のママをしています。
女の子となると洋服選びはなかなか苦戦します。
赤ちゃんの頃は、肌にやさしい素材のいいものを重視してなおかつかわいいものを選んでいました。
しかし、もう3歳、いや1歳でも自分なりのこだわりがあり、自分が気に入ったものでないと来てくれません。
なので服を買いに行くときはなるべく一緒に行き、気に入ったものを買うようにしています。
あとはサイズがすぐ小さくなってしまうし、しょっちゅう汚したりするのでやはり値段も重要なポイントです。

我が家は知り合いから譲ってもらったおさがりなどをフル活用しています。
親としてはとても助かります。

子供を持って改めて、子供服は消耗品だなと痛感しました。
もちろんいい子供服を否定するつもりはありません。
うちにも何着か値の張る子供服がありますが、やはり質もいいです。
でも、ふだん着る分にはお値段の手ごろな服で十分だと思います。
また時間があれば手作りの服なんかもチャレンジしてみたいと思います。
姉妹でおそろいの服とかかわいいですよね。

とにかく女の子は小さいうちからおしゃれにうるさいので難しいです。
でも、なるべく本人が喜ぶようなものを着せてあげたいなと思います。