まず確認したいのは綿100%であることです。汗の吸収が良く肌触りがやさしいということがありますが、化繊の場合はカブレなど肌荒れを起こす可能性もあるので、天然素材のものを選ぶようにしています。
そして色落ちしやすい材質のものは避けます。2~3歳くらいまでは服をしゃぶってしまうこともあるので、染色剤が口に入ってしまっては良くありません。直接服を口に入れないにしても、手を触れただけで取れるようなプリントやラメなどの装飾も無いものが良いです。

誤飲の危険を防ぐには、ボタンよりスナップタイプの方が安全に思います。ですがある程度自分で着替えをできる年齢なったら、指先の発育のためにも少しずつボタンの数を増やすと良いかもしれません。
そして形ですが、悲しい事故でドアノブにフードを絡めて首をしめてしまう事故がありましたし、フードや紐など引っ掛かりやすいものが付いていると危ないです。また、子どもが動き回ることを考慮すると手首足首は広がらないものをおすすめします。まだまだ足元が不安定ですから、裾が開いているデザインだとそこに足が絡まる危険もあるからです。
注意したいことは多いですが、子どものうちは好きなデザインの服を恥ずかしがらずに着られる貴重な期間だと思うので、楽しんで服選びをしたいものです。

男の子の服の選び方で心がけていることを紹介します。
1つめは色遣い、柄です。男の子の服は女のココーナーに比べると種類も少なくて、、、なんて不満に思っている方も結構いるのではと思います。でも男の子でもちょこっとオシャレにさせたいですよね。男の子というとイメージカラーで青、黒、紺といった色を選びがちですが、あえて赤、黄、紫なども積極的に選んでます。またオトナだとある意味禁じ手(?)の柄on柄もトライしちゃってます。特にボーダーは万能です!プリント柄のボトムスのトップスにボーダー、意外とアリですよ。
2つ目は、ブランドロゴプリントものはなるべく避けたい!ということです。子供連れだと行動範囲も基本的に限られてお買い物、そしてお出かけする場所も、ご近所さんファミリーとどうしても似通った感じになりがちです。せっかくのおNEW服を投入しても、ショップのロゴが大きいデザインだとどうしても、あれ?一緒じゃないのに、限りなく似てる、、、?という印象が強くなりがちのように思います。それでも気に入ってGETしてしまうこともあるんですが、なるべくは避けてます。
3つめは靴です。上記にも書いたように洋服でも赤や黄色をと入れるのと同時にその色を靴にも入れると結構まとまりますよ。
男の子ママも、ちょっとした工夫での男の子おしゃれ、楽しみましょうね。