子育てをするのに出産前だと節約ということをあまり考えなかったと思います。
産着になるベビー服、肌着なら中くらいの値段でワンサイズ数枚の着替えは必要だし、小物といったら手にのってしまうくらい小さな靴下、それに手袋も。

出産して帰るときのおくるみやバスタオルなども、身体が少し大きくなるまでの必需品は買い揃えておきます。
こうして用意した分はそれまでより生活費として増えるんですから出産してからは節約思考、どんな部分で節約としたら着るものやオムツ離れするまでのものでしょうね。

赤ちゃんから幼児期の家のなかですごす期間はそれに少しの食費くらいのもの、習い事とか幼稚園や保育園みたいな費用はないですから。
一ヶ月、二ヶ月と経過するにつれて一歳くらいまでは成長が早い時期なので、ベビーベットとかベビーカーなどレンタルなど利用すべきと思います。

友人や親せきなどから借りたとしてもお礼は商品買うのに比べたら、ほんのちょっとで良いし。
それにオムツといったらいまどき布オムツなんて少ないでしょうけれど、使い分けてみればこれも多少の節約になります。出かけるときは紙オムツが便利だから買いおきをして、時間的に余裕がありそうなときには布オムツも使ってみる、そういう節約は日常的にできるものです。幼稚園や小学校のころは洋服などのお下がりも貰っていましたし、それが節約でもあり外遊びするのには気づかいなくて良いという面もありました。

私の節約はムリしないことです。

昔からズボラなのでムリをすると続かないのでちょっとした節約をしています。
ではそれをご紹介します。

(1)オムツは布オムツを使う
そんなの知ってる、と思いますよね?でも私は完全24時間使用しているわけではありません。
日中余裕のある日だけ、家にいる時だけにしています。
24時間夜もすると何度オムツを変えないと行けないし、出かける時は荷物が増えます。
なので使える時だけ布おむつ!それだけでも一日に5枚紙おむつを使わなくて済み、一ヶ月だと約150枚。オムツ2パックくらい買わなくて済みます!

(2)離乳食は基本は家で食べる
最近は簡単に使えるレトルトが出来てますが赤ちゃんのご飯は買うより作る方が明らかに安い!ご飯におかずにお茶、これが一番です!

(3)お風呂にはペットボトルを何個か、
これはよく聞きますよね。でも意外と楽で使えます。そしてエコです。お試しください。

(4)ついでにお風呂あがりに残り湯で洗濯
夜になりますが残り湯を使えば節約にもなるしあたたかいお湯で洗濯すると汚れも落ちやすくなります。

(5)赤ちゃんの便が出た時はまず流す
100均にあるドレッシング入れなどにぬるま湯をいれ汚れているオムツの上で流してあげます。
こするよりも赤ちゃんの肌にやさしいしお尻拭きの枚数も減るので節約になります。

私の節約はこういう風にちょっとしたことをコツコツと。
お試しください。