私の子育ての節約は二人目出産後から。
正直一人目の時は節約とか考えず、なんでも与え、どこにでもつれていき、子供が選択できる道を作ってあげないといけないととお金をかけることが素晴らしいような感覚でした。
二人目出産はそれから離れて6年後。そうなると上の子の塾だったり、受験だったりお金がかかることが目前に迫る毎日。

一人目の用には出来ません。そして一人目娘、二人目息子なのでお下がりも難しい。そう思ったのですが、逆転の発想で小さい頃から息子には赤が似合う、黄色が似合う、ピンクが似合うと言い続けました。すると3才になった頃から赤、ピンクを好んで着るように。他の人と違うからとお花以外ならお下がりもよろこぶように。

問題はおもちゃです。子供は何故かアンパンマンから次のキャラクターに好みが変わります。なのでそのおもちゃはいっぱいあったのですが、その次の機関車トーマスはない。トーマスのおもちゃ少しならとパズルを買いましたが満足しない息子。そこで知人からトーマスのおもちゃを無料でレンタル。変わりに我が家の女の子のおもちゃをレンタル返し。とても大喜びの息子でしたがすぐにプラレールに時代は変わり、お店では一台買いましたが欲求は満たされず。今度はいとこに多量にもらうようにお願い。いきなりプラレール王国。なんでも組み立てられるし、部屋中プラレールだらけに。娘も学校バザーで10円で買ってきてますます増えて。そんな娘をみた娘の友達のママが使わないからと。

なんだか我が家にプラレール大集合な感じになりました。 なのにまた仮面ライダーに。それも誕生日には現在の仮面ライダー、他の仮面ライダーはフリマで自分の要らないおもちゃを売って買うように。欲しいものを手に入れるために手放すものを決め、売るのはもちろん息子。手放せないときは買わないし、要らないものができたらフリマなできそうかなというともう子供ブロック要らないから売れるなど。大きなフリマに参加しているので、売れたお金で喜んで欲しいもの買っていますよ。

上の娘に比べて、下の息子は4才ですがお金の管理も得意です。