私が出産をしたのが去年の5月です。そこから初めての育児が始まります。里帰りという事もあり、細かい物(子供の肌着やおくるみなど)は両親が用意してくれたり、兄の所に私達よりも数ヶ月前に産まれた子供が居るので、貰えるお下がりは頂きました。

IMG_0964
遅めに産まれた子供なので、周りの友達も子育てがひと段落しているので、友達からもお下がりを沢山貰いました。
近くに、西松屋とバースデイがあるので、ミルクも薬局よりは安く買えたと思います。オムツも最安値のお店で購入していました。

この時点で私が出費したのはオムツ代とミルク代だけです。
その後、抱っこ紐とバウンサーを購入するのですが、そちらはオフハウスの中古で済ませています。
子供は保育園にも行っていないので、洋服もお下がりで間に合っているし、最近のオムツは10時間位大丈夫なので、ミルクの後オムツを確認してみて、まだ交換しなくて大丈夫そうなら次の授乳まで持たせます。
洗濯も毎日は致しません。

子供の物と大人の洗濯ものは分けて洗っているのですが、子供の洗濯は2日に一回、大人は4〜5日に一回洗っています。
そして子供手当と出産祝い金(親戚や友達からの祝い金)なんですが、そちらは手を付けずに全部子供の貯金にあてております。

私が育児の中で節約している方法とは、まずは安いお店やその日の特売、期間限定価格などを暇さえあればチェックして、同じものならばなるべく安いお店で安い時に購入することです。

たとえば、オムツなどの薬局で販売している物は、チラシや店舗で価格をチェックして、過去の最低価格に近ければ購入します。

また肌着や洋服などもネットでホームページを閲覧して、欲しい物が期間限定価格になっていれば購入します。定価の時はまず購入しません。
育児専門店でも、ポイントなどお得な日に購入します。

おもちゃなどは、店舗で購入するよりもネットで購入する方が配送してくれたり安かったりするので、そちらで購入します。
おりがみやシールなど消耗品は、もっぱら100円均一で購入します。

とにかく、これは育児に関してだけではなく日頃の生活費に関しても同じですが、面倒がらずにこまめに情報をチェック、最低価格をある程度把握、そして面倒がらすに何店舗もはしごする。これが基本です。そしてお安い時にストック。必要な時に在庫がなくて、日用品をコンビニなどで定価で買うほど残念なことはありません。