私が育児をするなかで節約は、いろいろ工夫しているつもりです。
なかでも、いまどき様々な知育玩具が売られています。私は買った事が無く手作りしています。

たとえば必要でなくなった、数の大きめなカレンダーの数字を切り抜いて、かずのカードをつくって子どもに並ばせたり牛乳パック、ボール紙で救急車、パトカー、消防車を作ったりカラフルなサイコロを作ったりして、工作も兼ねているので子どもも喜びます。

公園で拾った木の実や枝、葉っぱをつかった飾り物、松ぼっくり、お部屋に飾るだけでたのしくなります。絵本も自分でお話を作って画用紙やコピー用紙に絵を描いたりしています。もちろんプロではないし絵心も無いので、つたない絵と文章ですが子どもが今一番、何に興味があるのか知っているのは私ですし、主人公の名前を子どもと同じにしたりすると喜んでくれます。

大きな白い紙にかなり簡単な日本地図を描いて有名な駅を丸で書いて線で結びスゴロクにして遊んだり、これは結構、雨の日に活躍します。

いまどきゲームやカードゲームに夢中になるのは当たり前なのでしょうが、幼児の間くらいは節約グッズでのんびりした遊び方でもよいのでは?
外遊びの時も遠出するよりもっぱら自転車で移動したり公共の図書館や施設を利用しています。

公園の使い方を工夫してみる

春秋、気候も心地よく植物もきれいなシーズン何かとお出かけしたくなります。ただ子連れで素敵な行楽地に出かけると混んで大変、お土産・入場券ついでにお食事等なにかとお金がかかります。なるべく安く長くその場で遊びたい時のお出かけするときは、大きな公園に行きます。レジャーシートを持って、フリスビー等もって。おにぎりやちょっとした軽食を作ってそしてピクニック感覚でお出かけ。

公園内の位置を変えて遊具で遊んだり、池の動物にエサをあげてみたり。そして景色の良い場所でおにぎりを食べます。なるべくラップで包んで捨てられるように帰りに軽くなるように。

それからレジャーシートを拠点に縄跳び等したり昼寝したり。おやつの時間になると、あらかじめスーパーの安売りで買ったジュースや菓子袋に小分けしたお菓子を食べます。

ここはちょっと贅沢に、普段のおやつより多めでお腹にたまるもの。そして一通り過ごしてから家に帰ります。こんな過ごし方をするとお金はほとんどかかりません。

レジャーの前のおにぎりを子供と作るのも結構楽しいものです。そして自然の中で綺麗な空気を吸うと心にゆとりが出来たりします。外出しているので、自宅の電気代等もかかりません。自転車でサイクリングなんてする形で出かけちゃいます。

なのでガソリン代もただ。毎回では飽きるかもだけど、中々安上がりで節約なお出かけだけど充実感があります。