1歳5ヶ月の長男の食事は、なるべくバランスの良い食事になるように気を付けていますが、偏食なので困っています。
それでも、少しは野菜不足が改善できるようにと、2日に1回は必ず野菜ジュースを飲ませています。

出来れば、フルーツが入っていなくて、野菜100%で、食塩などは無添加のジュースを選んで飲ませています。

あと、毎朝必ずヨーグルトを食べさせています。
それは、牛乳が嫌いで飲んでくれないので、少しでもカルシウムを摂取できるようにということだけでなく、
腸内環境を整える為、またヨーグルトを常に食べている人は、ノロウイルスなどに感染した時の快復スピードが早く、
花粉症などの症状も出にくいという研究発表を読んだことがあるので、私自身が実践していることから、息子にも毎朝ヨーグルトを食べさせています。

また、牛乳以外でカルシウムを摂取させる為に、毎朝必ずチーズを食べさせています。
チーズは塩分が気になるので、幼児用のチーズを常備して食べさせています。
そして、おやつは大体1日に1度、補食として与えていますが、よく小魚のお菓子を与えています。
他にも、鉄分やビタミンなどが含まれていて、砂糖や塩分、油分などが控えめの幼児用のお菓子を選んで食べさせています。

1歳5ヶ月になる長男は、あまり食事に興味が無く、偏食なので困っています。
生後5ヶ月頃に少しずつ離乳食を食べさせ始めたのですが、最初はなかなか良いスピードで、好んで10倍粥などを食べていましたが、
それから少し経つと、あまり食べたがらず、特に野菜などを嫌がるようになってしまいました。
1歳5ヶ月になった今でも偏食で、まずは離乳食のような柔らかいもの、ドロドロとしたものは全く食べようとしません。
また、野菜の青臭いもの、火を通すとグニャグニャしてしまうようなものも嫌がって食べてくれません。

そこで、野菜も肉もきちんと美味しく食べてもらえるように、週に1度は必ず炒飯を作って食べさせています。
野菜や肉を小さく切って、御飯を一緒に炒めてしまえば、鶏ガラ醤油味でも、ケチャップ味でも美味しく食べてくれます。
また、アレルギーはありませんが、卵も嫌いで目玉焼きも卵焼きも食べてくれないのですが、炒飯に混ぜてしまえば食べてくれます。
なので、我が家の息子の食事には、炒飯を高頻度で作って食べさせています。

また、固めの食感のものを好んで食べる傾向があるので、時々、レンコンや大豆の煮物などをお惣菜コーナーで買ったりもしています。
私の手料理だけでなく、いろいろなものを食べてもらいたいと思い、時々わざとお惣菜を購入して、少量ずつ食べさせたりしています。