私の子供は食が細いため、あまりご飯を食べたがりません。ですが、子供のタイミングがいいとびっくりするくらい食べるので食べないから無理やり食べさせるのではなく、本人が食べたくなったら食べさせるようにしています。

食事の時間が不規則になるのでは?や栄養面が偏るのでは?と最初の頃は不安で無理やり食べさせようとしてましたが、それは逆効果でした。ならぜならば、強制する事で子供も親である私たちにもプレッシャーになり、逆に食べたくない気持ちにさせてしまうからです。
それに気付いて以降は子供が食べたいというまで待つようにして、食べれないときは無理に食べなくていいよと言い聞かせるようにしていきました。

結果、ご飯の時間に少しずつ食べるようになり、むらはありますが、食べるときは凄い食べてくれます。
大人でも食べたい気分の時や今は食べたくない気分があるように子供も同じなんですね。

親としてはもう少しがっついて食べてくれたらいいのになぁって思ったりこの量で大丈夫??と少し不安にはなりますが、小さいながらも成長していくれているので今は食べる量よりも食べたいときに食べてくれて、おおきくなっていってくれればいいなぁと思ってます。

手作りお菓子は一緒に作ると食育に

私の子供は基本的に野菜を好んで食べることをしません。特にそのままの状態、例えばブロッコリーをゆでただけとかは殆ど食べないのです。そこで私はどうにか野菜を食べさせたいので、工夫をするようになりました。お勧めはホットケーキを作る時にすりおろした人参を混ぜてから焼く方法でした。

これなら人参が入っているという事を感じさせることなく食べさせることが出来ます。またゆでただけでは進んで食べない野菜も味噌汁に入れたら結構食べてくれるようになりました。きんぴらも結構お勧めの方法です。私は人参やピーマンを千切りにしてきんぴらにしたりします。ピーマンもきんぴらにすれば甘辛くなり食べてくれます。

その他にはお菓子はなるべく手作りするようにしています。スナック菓子は特に添加物が多いので食べさせないようにしています。手作りお菓子は一緒に作ると食育にもなるしお勧めです。一緒にお菓子作りするとコミュニケーションにもなるし楽しくいい関係が築けます。子供と一緒に作る物を考えるのもいいかもしれません。
朝食はなかなか食欲もないせいか量が少なくなりがちです。野菜ジュースや果物を加えることで少しでもビタミンをとれるように心がけています。