私が子供の食事で気にかけていることの一つに、朝食で温かいスープや汁物を必ず作る、ということがあります。学校から配られる給食便りとか、保健室便りなどに「朝食に温かい飲み物を飲むことで体があたたまって、頭も動きやすいし、体が活動しやすい体制になるので是非食べましょう」といったことが何回か掲載されていたことがきっかけです。

 それと同時に、うちの子供はサラダなどを出してもあまり食べないので、どうせならスープは野菜たっぷりのものにしよう!と、野菜をたくさん入れたものにこだわっています。いろいろな野菜をくたくたに柔らかくしてマッシュしてから牛乳でのばせば、なんでもポタージュになります。入れる野菜を変えれば、味も変わるので飽きません。おなじみのジャガイモや人参などはもちろん、大根のポタージュも美味しいし、冷蔵庫に残っていたゴボウの切れ端や人参にさつまいもに・・・なんて様々な野菜を入れると味に深みが出てそれまた美味しいスープが出来上がります。圧力鍋とハンドブレンダーがあれば、本当にあっという間です。

 といっても毎日ポタージュではさすがに作る側も飽きてくるので、ミネストローネにしたり、野菜たっぷりのコンソメスープや、海藻をたっぷり入れた中華風のかきたま汁、お豆腐と野菜の味噌汁などなどを入れ混ぜて作るようにしています。
 子供達もスープは毎日必ず飲むようになりました。あたたかいものプラス野菜をたくさん摂取できるスープ作りはこれからも続けていきたい習慣です。

小学校に通う2人の子供を持つ母です。学校へ行ってしまえば、私が食生活の面でコントロール出来るのは、朝食と夕食になってしまいます。
ですので、家での食事に関しては気を付けるようにしています。

どのように気を付けているのかというと、1日30品目を目指して、またいろいろな分野からの食材を取り入れることです。
子供が好んで食べてくれる、そしてヘルシーとなるとなかなか難しいですが、子供が好む味付けにしてみたり、気が付かないところに野菜をすり下ろして取り入れたりもしています。そしてどうしても、子供はお肉を好む傾向にあります。けれど、お肉ばかりを与えるのは気になるところなので、お魚、シーフードも取り入れるようにしています。

また週に1度はお肉も、お魚もなしの日を設け、野菜の日としてたっぷり野菜の食事にしています。
また、最近ではオーガニックの食材が注目されるようになりました、オーガニックは農薬やホルモン剤などを使わずに育てているので、出来る限り体にいいものを食材にも
求めるようにしています。まだお値段が張ってしまうのが残念ですが。

子供が大きくなると、好き嫌いが増えたりするので、家では出来る限り、体のいいものを食べてもらおうと心がけています。
それでも、子供は好きなものを食べたいですよね、だからご褒美に外食をして、家での健康食と調節しているのです。