おはしの使い方上達を意識して食材を選択としております。
まだ成長過程の子供であり、フォークやスプーンがメインでの食事をしております。
子供も、年中さんという年齢に向けてよりおはしの上達を考えおはしが上達する、上達を促す食材を意識して選択としております。
豆類や麺類などは、少しつかみづらくおはしの上達に役立つ食材によいと考えております。
自身の力で食べるということ、根気強く最後までがんばるということ、集中力アップの効果が期待できるのではないでしょうか?

自身で最後までおはしで食べることで、自身の力で最後までがんばるということを体験することで、自身もつくことでしょう。
スキルアップ、やるきアップには大変大切なことだと思います。
最後までがんばるということを果たすには、やはり大好きな食材を提供することが大切だと思います。
食べたいという気持ちが強い程やはり最後まで頑張れるのではないでしょうか?
私は、麺類をよくチョイスしそれをおはしの上達食材として選択としております。
個々により好物とは異なるものであり、好物を選択としておはしの上達を促すのもよいのではないでしょうか?やはり自身で率先してやることが大切であり、無理強いは、成長を抑制すると考えております。あくまで私の考えであります。

もうじき一歳半になる息子がいます。離乳食も終え、大人と似た食事をさせています。今のところ、好き嫌いもなくなんでも美味しそうに食べてくれる息子。私は離乳食の時期から気をつけていることはなるべくレトルト食品、離乳食を使用しないことです。今は薬局などに沢山のレトルト食品の離乳食が販売されています。

一回試してみようと思ったことがありましたが、その味になれてしまったら困ると思い、手作りで続けています。レトルトを使用しない理由は他にもあります。それは私の甥っ子がそうだったからです。レトルトのカレーやハンバーグを食べさせ、手作りを食べさせてみたら【味が違う】と言う理由で手作りの物も食べなくなり、偏食するようになったからです。私もそんな風にはなって欲しくないのでいつも気をつけています。他にも息子も楽しく食べれるように、食事を出すときはワンプレートのお皿を出すように心掛けています。

彩りなども気をつけています。野菜も大好きなので今のところ、安心しています。時間に余裕があるときなどは人参、ピーマンなどの野菜を細かく刻み、鳥ミンチと一緒に混ぜ、ハンバーグなども作っています。まだ一歳半などでこれからどんどん成長していくにつれて、好き嫌いが激しくなるかもしれませんが、工夫して出来るようにしていきたいです。